DIYは、“モノを大切に使い続ける”こと。
お客さま・取引先と共に
サステナブルな社会づくりを進めます。

代表取締役社長 兼 COO 石黒 靖規

トップメッセージ Top Message

5つの事業会社が1つになり
「社会・お客さま・地域」のための体制が整う

2021年3月、DCMホールディングスのホームセンター事業会社5社が1つになり、DCM株式会社として新たなスタートを切りました。「全国の地域に根付いたホームセンター同士が集まって、より良い商品を低コストで提供していこう」という、およそ20年をかけた取り組みの集大成であるとともに、これからの時代に向けた「新創業」でもあります。また、長年にわたり地域ごとに親しまれてきました店舗の看板やサイン等のロゴマークも2022年3月から順次「DCM」に変更していきます。店名も、今後、「DCM」に統一する予定です。

「新創業」にあたり、DCMグループの新たな経営理念を策定しました。事業会社5社にはそれぞれ創業者の想いがこもった経営理念がありましたが、言葉は違っても本当に言いたいことは共通していました。それを新たに体系化しました。
こうしてできたのが、
3つの社是
社会のための「奉仕」
お客さまのための「創造」
地域のための「団結」
を通し、お客さまの「Do Create Mystyle くらしの夢をカタチに」をご支援する企業であろう、同時に、従業員一人ひとりも自分らしいMystyleを追求し、自己実現をめざそう、という経営理念です。
経営理念を掲げたことにより、社内で私たちの存在意義に対する共通認識をより深めることにつながり、一体感もさらに増しました。社会変化に柔軟かつスピーディに対応し、お客さまのくらしと住まいの快適化、地域の利便性の向上、従業員の成長と働きがいの実現に向けた体制が整ったといえます。

SDGsに
「D・C・M」で貢献していく

もともとホームセンターは、DIY(Do It Yourself)、つまり「モノを自分で補修しながら大切に長く使う」ことをサポートする店です。その意味でホームセンターは、サステナビリティとのつながりが深いと思います。加えて、近年、地方の過疎化や少子高齢化が進む中で、地方のくらしを支えるとともに、高齢者をサポートする商品やサービスの提供という役目も加わっています。また、自然災害が頻発する中で、防災や災害発生時の物資提供という役割も担うようになりました。コロナ禍では、毎日のくらしや仕事の下支えのほか、自粛生活の中でも快適に過ごせるお手伝いも求められました。このようにホームセンターは、地域の生活インフラとしての機能がますます期待されています。

こうした中で、DCMは、2022年度からサステナブル経営に力を注いでいきます。
社名の「DCM」には、経営理念「Do Create Mystyle くらしの夢をカタチに」と、行動理念「Demand Chain Management for Customer(お客さま視点からの流通改革)」の2つの意味が込められています。この行動理念は、消費者の立場で流通を変えていこう、というもので、まさに、お客さまが必要としているモノを必要な量だけタイムリーに提供し、流通上のムダをなくしていこう、というものです。この想いは、2006年の会社設立のときから大切にしているものですが、今日のSDGsに通じる姿勢だと思います。DCMはSDGsという言葉が生まれる前から、その方向を目指している企業だといえるでしょう。

SDGsについては、2年前から若い従業員らが集まって調査・研究を進め、2021年度にはアクションプランを作成しました。検討にあたっては、ステークホルダーや有識者とも意見交換を重ね、8つの重点課題グループと22の重点課題(マテリアリティ)を策定しました。
また、これまでDCMでは、中長期的な課題に対して「36ヶ月プロジェクト」という社内横断的な組織で取り組み、具体的な成果として結実させてきましたが、今回のSDGs推進にあたり、22の重点課題を「36ヶ月プロジェクト」に組み込みました。これにより、会社の成長に向けた取り組みとSDGsの施策を一体となって推進できる体制も整えることができました。

DIYを通じて「くらしと住まいの快適化」を実現する価値創造企業を目指す

22の重点課題には、DCMがこれまで取り組んできたこと、得意としてきたことも数多く、サステナビリティの視点を持って毎日の業務に取り組むことが重要であることが改めて浮き彫りになりました。これに加えて、「これからしなくてはいけない」という課題も盛り込まれています。

例えば、商品開発では、プラスチック含有量の少ない原材料や容器・包装材への変更など、省資源型商品の開発も進めます。また、物流でも、排出される廃棄物を削減する工夫を取り入れるほか、効率化も一段と進めることでCO₂排出量の削減に取り組みます。全国660超の店舗では、お客さまとともに資源有効活用・リサイクル活動も強化します。こうした取り組みはDCMだけでは実現が困難なものもあります。取引先企業や地域とも力を合わせ、SDGsの達成に向けて歩んでいきたいと思います。

また、DX(デジタルトランスフォーメーション)も加速させています。お買い物を便利にするという視点でのDXとともに、業務のデジタル化を進め、従業員がより専門性を発揮できる働きがいのある職場を創造します。

DCMは、こうしたサステナビリティへの取り組みを強化し、DIYを通じて「くらしと住まいの快適化」を実現する価値創造企業として、社会・お客さま・地域に「新価値」を創造し続ける企業を目指していきます。

DCMホールディングス株式会社
代表取締役社長 兼 COO
石黒 靖規