コンプライアンス

コンプライアンスについて

近年、多くの企業の不祥事が多発しており、コンプライアンス(法律を守ること)という言葉をよく見たり聞いたりします。企業も市民の一員として社会的責任を果たすことが求められています。しかし、私達は、法令違反によるリスクを回避するという後ろ向きの理由だけではなく、「コンプライアンス経営」を企業価値を向上させる手段として捉えていくことが重要である考えております。このため、コンプライアンス・プログラムを作成し、コンプライアンス宣言、企業行動憲章および行動規範を定めて全社員に周知させております。

1. 「コンプライアンス宣言」(ステートメント)

私たちは、企業の社会的責任を自覚し、全ての法令・ルール、そして社会的規範・倫理を遵守し、社会から信頼される企業をめざします。

2. コンプライアンス体制について

当社では、内部統制委員会を設置しております。この委員会に、コンプライアンスに関する機能を持たせDCMグループ内のコンプライアンス活動を行っております。また、DCMグループにおいてコンプライアンス上の重要な問題が発生した場合には、この委員会が中心となって対処および対策の策定を行うことを想定しております。

コンプライアンスに関する具体的な活動としては、コンプライアンスプログラムの作成、DCMグループ内の啓蒙ツールの作成、教育・研修等についてグループとしての取り組みをしております。

また、当社は小売業グループでありますので、取引先からの仕入商品を選定するマーチャンダイザーと、選定された商品の数量や納品方法を決定するディストリビューターに対しては、特にその重要性を考慮して、独占禁止法・下請法等の公正取引等に関する法令に関しての行動規範を作成するだけでなく各事業会社においても研修を実施いたしております。また、社内報や各種ポスターを通して労働基準法・男女雇用機会均等法など身近でおきやすい問題に対しての啓蒙活動を行うとともに、公益通報者保護法に則った「内部通報制度(通称ヘルプライン)」を設置し、コンプライアンス経営を有効に機能させるよう努めております。