排水管の詰まり

準備はできましたか?修理に便利な道具

■ウォーターポンププライヤー
■ラバーカップ
■パイプクリーナー
■真空式パイプクリーナー
■スパナ
■ワイヤー式パイプクリーナー
■パイプ用洗浄剤
 

詰まりの原因が排水口から距離のある時に有効な方法です。自在に曲がるワイヤーを排水口から入れてどんどん押し込んでいきます。ワイヤーが進まなくなったら、そこが詰まりの発生箇所なので、少し巻き戻しては掘り進めていくという具合に作業を進めます。詰まりのひどい場合には一度巻き戻して、先端に付着したごみを取り除きながら作業を進めると良いでしょう。

キッチンの流し台に使用されている蛇腹ホースには、ワイヤーの先端があたって破れることがあるので使用しないようにします。

洗面台などでよく見かける、金具が付いたタイプの排水口はワイヤーの先端が入らないので使えない場合があります。

空気圧でごみを動かし、流れをスムーズにする方法は、ワイヤーなどが使えないキッチンの詰まりに最適。まず流しの半分ぐらいの深さに水を張り、カップ内の空気を追い出すように排水口にカップを強く押しあて、引っ張る時に力を入れると、ごみの位置がズレて流れるようになります。この作業を2、3回繰り返すと流れが良くなって、ごみが浮き上がってきます。

洗面台の場合はオーバーフロー用の排水口にぞうきんなどを詰めておくこと。水が逆流して、汚水が流れ出ることになります。

蛇腹ホースが排水管に差し込んであるだけの流し台は、ごみが流れ出た時にホースが外れて流し台の下が水浸しになる恐れがあるので注意が必要です。

洗面台のほとんどの詰まりは、U字トラップを外してたまったごみを取り除けば解消されます。トラップを外す時は、水がこぼれるので排水管の下にバケツを置き、ウォーターポンププライヤーなどでナットを緩めて外します。プライヤーの口にギザギザがある時は、傷を付けないように布をあてます。継ぎ目に入っているパッキンは新しいものと交換してください。

吸引カップと同じ原理で、詰まったごみを押し流す器具には、昔の水鉄砲を大型にしたようなポンプ式のものや、吸引力と押し下げ圧力が強力な真空式タイプなどがあります。

■定期的にパイプ洗浄剤を流す。

一般家庭用のパイプ洗浄剤はあまり速効性がなく、ひどい汚れや詰まりをすぐに解消することはできませんが、水はけが悪くなった程度の軽い症状には効果的です。パイプの詰まりや悪臭を防ぐ意味で2~3カ月に一度、定期的に使用すると良いでしょう。

■浴室の毛髪対策

排水口の目皿にセットするだけで、詰まりの原因になる髪の毛が排水管に流れるのを防ぐ排水口フィルターが便利。使い捨てのシートタイプが衛生的です。

■詰まりの原因になるものを流さない。

台所では固形物はもちろん煮汁や油などもなるべく流さないようにします。特に油は要注意。フライパンや食器に付いた油も新聞紙やキッチンペーパーなどで拭きとって捨てましょう。

水の勢いが強過ぎる、あるいは逆に弱過ぎるという時には、排水管の止水栓で水量をコントロールします。洗面所の場合、止水栓は洗面台の下にあり、普通はハンドルを右に回すと水量が少なく、左に回すと多くなります。湯と水が出る混合栓の場合は給水管が2本あり、ほとんどは右側が水用、左側がお湯用です。

排水管の汚れは目に見えないだけに、突然の詰まりや水もれにつながります。しかも放置しておくと大がかりな工事が必要になり、経済的にも大きな負担に。トラブルは早期に発見し、即解消しましょう。

■排水口のトラップの種類

一般的によく使われている排水トラップ

■洗面台・シンクの仕組み

排水管が傷んで小さな水もれがある場合には、粘着テープを巻き付けるだけの簡単な補修で対応できます。

キッチンのシンク下にある蛇腹ホースは、使い方の激しさやビニールという素材から劣化しがちです。小さな穴が開いた時などは、蛇腹ホース専用の融着テープを巻いて補修します。この時、テープをホースの凹凸にしっかりと密着させて二重三重に巻き付けることがポイントです。

① 水もれ箇所の汚れや水気を布でよく拭き、融着テープを引っ張りながらナットの上下2~3cmのところを二重に巻きます。

② 排水管とナットの接続部のへこみ部分は親指やつめで押さえながら、しっかりと密着するように巻き重ねていきます。

③ 上手な補修のコツは、金属専用のテープを惜しまず使い、指やつめで押しながら巻いて排水管にテープを密着させることです。

○ ウォーターポンププライヤー
○ スパナ
○ ラバーカップ
○ パイプ用洗浄剤
○ ワイヤー式パイプクリーナー
○ 真空式パイプクリーナー
○ パイプクリーナー

MOVIE 説明動画

このページを印刷

この記事をシェア

Relation 関連記事

20200221155936