2020.02.24 防災のススメ!

いつ起こるかわからない自然災害のために、今からできる防災対策は?

防災のススメ!
近年、地震や豪雨・台風被害が相次ぎ、防災意識が高まりつつあります。
電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、飲料水や保存の効く食料等の確保はもちろん、ガスコンロやガスボンベ、スマホに使えるモバイルバッテリーといった防災アイテムのチェックも忘れてはなりません。できるだけ、普段の生活の中で利用している食品やアイテム等を備えるのがおすすめです。
また災害が起きた際の怪我のリスクを減らすため、避難経路に家具を置かない工夫やそもそも家具が倒れないようにするための防災アイテムを使うことも必要です。
いずれにしても災害が起きたことを想定して対策をすることが非常に重要となってきます。そこで今回はテーマ別に必要な災害対策をご紹介します。
普段から備えよう!非常食の備蓄
飲料水・生活用水の確保、運搬
いざという時の停電対策
災害時におけるトイレ対策
見直そう!お部屋の安全
ペットの防災
子育て世帯の本音から見えた、自宅での備え(2018年自然災害被災者に聞いた、防災についてのアンケート)

普段から備えよう!非常食の備蓄


これは必須!飲料水・食料を確保するローリングストック


万が一の時、まずやるべきことは「自助」。自分の身は自分で守ることが求められています。自宅での備えは家族全員が最低3日(できれば7日)、生き延びられるだけの飲料水と食料を、しっかり準備しておきましょう。
災害時に役立つと言われている保存食も、何がどれくらいあるのかということを定期的に確認したり、食べ方を知っておかなければ、いざという時に賞味期限が切れていたり、温めなければ食べられず、食事にありつけなかったりするかもしれません。
そこでご紹介するのが食料の備えにおすすめな「ローリングストック」。普段使う物をできるだけ利用しての備蓄法です。


消費しながら備蓄しよう


ローリングストックのポイントは日常生活で消費しながら備蓄することです。

普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法をローリングストックと言います。備蓄品の鮮度を保ち、いざという時にも日常生活に近い食生活を送ることができるはずです。
その日常の中でのローリングストックでは備蓄する食料が古くなってしまわないよう、消費の際には、必ず一番古いものから使うようにしましょう。新しいものと古いものをしっかり管理し使っていくことが上手に循環させるコツです。ローリングストックは蓄えている古いものから消費していきます。消費したら蓄えるという意識を常に持っておくことが重要です。補充ができていないタイミングで災害が来る可能性もありますので、消費分は必ずチェックと補充をしましょう。



「ローリングストック」で備蓄した非常食を食べる

まずは冷蔵庫の食べ物で1~2日は乗り越える
・クーラーボックス・保冷剤を用意する
・なまものは十分な保冷・加熱を

※普段から、冷凍室にパンや野菜などを多めにストックしておくと、自然解凍でそのまま食べられて便利です。

3日目からは非常食に切り替えます。

長期保存食を最低3日分は準備をしましょう。1日分の備蓄量は1人分として水3ℓ(1.5ℓペットボトル2本)、無洗米・アルファ化米×3食・缶詰パン・乾パンが目安といわれています。。長期の避難では栄養が偏ってしまうため、非常食でも栄養バランスに配慮した食料の備蓄が必要となります。タンパク質やビタミンも摂れる缶詰やレトルトなども用意しましょう。用意する際にはアレルギー体質の方でも安心して食べられるアレルギー物質27品目不使用がおすすめです。また甘い食べ物を準備しておくのもおすすめです。肉体的疲労だけでなくストレスもたまりやすい避難生活のなかでは、イライラした気持ちを抑制するのに甘い食べ物が役立ちます。心を落ち着かせ、リラックスさせる作用があるセロトニンの分泌が促されます。
万全な対策をすることで災害時でも健康的な生活を送ることができます。

災害時に役立つ非常食はこちら


◆ 非常食の主力 水・ごはん

長期保存水

丈夫なボトルを使用した災害用保存水です。硬度50度のミネラルウォータでいろんな場面に使いやすく、有害物質も除去しているので家族で安心して使えます。保存期間5年。

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

希望食品 わかめご飯

お湯または水で戻すだけ!アレルギー物質27 品目不使用の非常食です。 避難所にアレルギー対応の食料がなく、アレルギーの方が食事を取れなかったという声もあり、特定原材料等を含まない非常食が注目されています。
味に飽きないよう、複数の味を用意するのがオススメ。
【ラインナップ】五目ご飯、わかめご飯など

尾西食品 携帯おにぎり

にぎらずにできる!携帯おにぎり。お湯または水を入れるだけで具材の旨味ギュッとおいしい三角形のおにぎりができあがります。手を汚さずに食べられる3点カット方式。軽量、コンパクト、携帯性抜群でとても便利です。100%国産米を使用。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

アイリスフーズ 低温製法米のおいしいごはん

低温製法の簡単便利なおいしいごはん。角型容器で食べやすい。賞味期限約10か月(製造日より)

※購入はお近くのDCMグループのお店へ


※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆ 非常食も飽きないようにバリエーションを!

江崎グリコ 常備用カレー職人

避難生活で、同じものばかり食べ続けた結果、食欲が減退し精神的無気力を招いてしまった例や、炭水化物ばかり食べた結果、後日糖尿病になってしまった例もあります。
カレーは野菜や肉が入っており、栄養バランスの面からもオススメです。子どもからシニアまで、幅広い方に喜ばれます。

東和食彩 玉子入りおでん

避難生活で不足になりがちな、タンパク質(魚肉・玉子・牛すじ)や食物繊維(こんにゃく・筍・昆布)が多く含まれている玉子入りおでん。
スタンドパウチ仕様なので、お皿が無くても開けるだけでそのまま食べることができ、常温でも美味しく食べられます。

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

ミドリ安全 保存サバイバルパン

お子さんがいる家庭で非常食は用意しているものの、「おやつ」や「おもちゃ」などの備えにまで頭が回らなかった、という声が多く聞かれます。
子どものストレス軽減のためにも、「おやつ」や「おもちゃ」を用意しておきましょう。

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

サンリツ カンパン

保存性・低価格・コンパクトという点で「保存食」として古くから支持されてきた「カンパン」。保存期間は5年間。調理が不要でそのまま食べられて、風味豊かで香ばしい素朴な味わいで様々な食材と相性抜群です。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。

飲料水・生活用水の確保、運搬

給水所での生活用水確保・運搬

災害時の生活用水確保や、給水所から水を運ぶ際に給水タンクが欠かせません。給水タンクは場所を取ってしまいがちですが、実はタンクの中に防災グッズを収納する場所としても活躍できます。保管場所があまり取れない場合にはコンパクトに保管できる袋タイプの容器がオススメです。
運搬時に便利なキャリーや、携帯浄水器も一緒に備えておくと良いでしょう。成人男性1人あたり、1日に必要な水の量は約3ℓとされています。脱水症状を防ぐためにも水の確保をできるように準備しておきましょう。

給水タンクで防災用品の保管も

水の確保や運搬に欠かせない給水タンク。
その大きさを利用して、防災用品の保管に活用すればスッキリまとまって、
いざという時に役立ちます!
~20ℓの場合~(保管料の目安)
・3人分の非常食や飲み物
・避難場所で役立つラジオやラップ、石けん、乾電池など

ウォッシャブルタンク ナチュラルタイプ WASH-N20L

残量が見えやすい半透明タイプのボディです。必要量だけ注げる便利なコック付き(レバー式)。大型給水口で手を入れて洗浄ができます。大キャップの裏側に小キャップとコックが収納できるので、紛失の心配もありません。

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

アイリスオーヤマ 非常用飲料水袋

収納場所いらず水の運搬に便利

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド キャリーカート

ポリタンクや荷物の運搬に

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

LOGOS 携帯浄水器DX

人体に有害な物質を簡単除去&飲料水に!

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

お湯を沸かすのにガスが止まってしまった場合

ガスの復旧は遅くなることから、カセットコンロだけではなく、カセットガスを多く備蓄しておく必要があります。
レトルト食品の温めや温かい飲み物、殺菌・洗浄のための湯沸し等にガスを使うのが多いと考えられますので1週間分以上の用意はしておくのがおすすめです。
また、ガスコンロやガスボンベに関しても定期的にチェックをすることでいざという時に使えないという状況を回避することができます。
※1週間に必要とされるカセットガスの量(大人2人分の場合):気温10度で9.1本、気温25度で6.3本。

トライ・カンパニー 湯わかしBOX 基本セット

火を使わず、水をそそぐだけで簡単に湯わかしできる優れもの。コンロがなくても子どものミルクの温めや、非常食を温める際など、さまざまな用途で使用できます。
A4サイズのコンパクトサイズですので、防災用避難袋に収納できます。
・ミルクの温め(60°)10分
・非常食(70°)15分
・インスタントラーメン(80°)25分

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

イワタニ カセットフースーパー達人スリム

スタイリッシュな薄型カセットコンロです。テーブル面からごとくまでの高さがわずか7.4cmで、収納も楽々。ムダ火を抑制するタテ型炎口バーナーで燃料の節約もできます。点火つまみは回しやすいデザインで、お手入れも簡単です。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

イワタニ カセットガス

イワタニ商品の各種コンロ、炉ばた大将、炎たこ、ビストロの達人、焼き上手さん、バーナー、アウトドア商品等様々なシーンで使用可能です。【仕様】 ・サイズ:直径68x198mm (1本)・内容量:250g

資生堂 フレッシィ ドライシャンプー

ガス・水道・電気が止まれば、お風呂に入ることができません。水がなくても仕様できるシャンプーや体を拭ける使い捨てのシートの備蓄をおすすめします。
2018年に自然災害を被災した方への調査では、「なくて困ったものはシャンプー」という声が多数ありました。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド エコ元禄割箸

水道などのライフラインが止まるときに、いかに水の消耗を減らすのがポイント。洗い物不要の割り箸や紙食器を常備することで、いざという時にも便利です。

DCMブランド 紙ボウル

緊急時は洗い物不要な紙食器を使いましょう。油や水に強く、シチューやスープのお料理のほか、調理時の出汁やソース入れなど様々な用途に使えます。425mlの容量でいろんな場面に対応できます。18枚入。

DCMブランド 食品用ラップ

容器をピッタリ包む家庭用ラップ。粘着性・カット性・伸縮性に優れたプロ仕様。調理に、電子レンジ・フリージングに、デイリーにご利用いただけます。定番の30cm幅×20m。レギュラーサイズです。


※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。

スマホは情報収集や安否確認に必須


災害時にはSNSが貴重な情報源となります。SNSは情報を集めるのに使いやすいツールとして近年認知されています。情報収集にはスマホをよく使用されていますが、落とし穴もあります。それは「電源」が切れると通信ができないことです。停電している場合、コンセントからの充電ができません。緊急時に電源を探すのは非常に大変な為、防災グッズの中にモバイルバッテリーなどの充電方法の備えがあると安心です。スマホは情報収集・家族との連絡手段の要です。停電時でも乾電池でスマホを充電できる充電器は必ず備えておきましょう。
実際に被災者アンケート※で多くの方が必要だと答えたのは「モバイルバッテリー」です。(※一般財団法人ダイバーシティ研究所調べ)
国・自治体では災害時、スマホを通じた情報発信を進めていますが、充電がないと情報を受け取ることができません。いつでも充電できる体制にしておきましょう。

スマホは情報収集・連絡手段の要です。停電時でもスマホを充電できる充電器は必ず備えておくようにしましょう。国・自治体では、災害時にスマホを通じた情報発信を進めています。乾電池や車(DCアダプタ)などいつでも充電できる体制にしておくと、いざという時に充電がないという事態を回避することができます。

◆ スマホの充電に役立つアイテムはこちら

富士倉 小型モバイルバッテリー

持ち運びに便利な大容量モバイル電源

BAL DC/AC インバーター 30W

車での電源確保に!

OHM スマホ充電ラジオライト

スマホ充電用ケーブル付

ラスタバナナ 乾電池式充電器

電池を入れ替えて繰り返し使える。

もしものときの明るい味方

停電や災害に電灯を備えておくと安心。移動時には両手が使えるヘッドライトが便利です。
置いておけるランタンがあれば周囲を広く明るくしてくれるので安心感を得られます。電灯をご用意する際には併せて電池の予備もしっかり用意しましょう。

DCMブランド 収納できる軽量LEDライト

懐中電灯と小物入れが一体となった画期的な商品。筆記具やメモ帳・地図・マスク・絆創膏など、懐中電灯を使う際に必要となるものを入れておく用具箱としても使用できます。透明で、中に何が入っているかは一目瞭然。防水加工。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド ランタンにもなるLEDライト

単三電池でOK。LEDなので電池の減りが少ないのも特徴です。ランタン機能で、日常のレジャーでも大活躍。
持ち手に付いたフックをテントに吊り下げることで中や外の照明としても役立ちます。

DCMブランド LEDランタン

3段階に灯りの調節が可能なLEDランタン。キャンプや防災用品としても便利です。つり下げに便利なフック付き。
最大照光時間:約20時間
電池:単2×4本(別売)

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド LEDハンディライト

広範囲を明るく照射し、クリップ、マグネット、ストラップ付きのハンディライトです。DIY作業、暗所での補修、非常灯、懐中電灯の代用、散歩、ジョギング、アウトドアなどにもオススメ。
明るさ:120lm
電池:単4乾電池×3本(別売)

※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。

家屋が無傷でも排水管の損傷や断水によってトイレが使えなくなることがあります。トイレの問題はストレスの原因となるだけでなく、体調にも影響します。水が使えなくても、安心できる自宅で用が足せるよう、消臭効果があり、処理のしやすい非常用トイレ用品を備えておきましょう。

◆ 非常時のトイレ用品はこちら

サンコー 非常用簡易トイレ

ダンボールを組み立ててプラスチック製の便座を乗せるだけの簡単組み立て。ビニール袋、・凝固剤もセットになっています。避難所へ持参した時等のため、目隠しポンチョも付いています。
災害時、トイレに行きたくないために水分を控える人が多くいますが、脱水症状・エコノミー症候群のリスクを高めるため非常に危険です。トイレは十分な数回数分を用意しましょう。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

ケンユー 簡単トイレ袋 ベンリー袋R

便器にポリ袋を被せ、その上から簡単トイレ袋を被せます。用を足した後、便凝固剤を振りかけ、便、尿をゼリー状に素早く固め臭いを包みます。
使用後は可燃ゴミとして破棄可能。(各地方自治体の条例にしたがって処分してください。)

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

サニタクリーン簡単トイレセット

水が流せない非常時でも衛生的に使える便袋です。広げるだけで使えます。排泄物の水分を固めて、防臭効果があり、焼却処理もできます。20枚入。

ケンユー 携帯簡易トイレ ニューミニマルちゃん

組み立ててすぐに使用できる簡易トイレ。凝固剤でオシッコを素早く固め、ニオイも気になりません。用をたす際は、スカートやバスタオルで隠せ、音も気になりません。垂直耐荷重約80kg、安心の日本製で。


※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。

生活の場を安全に保つ基本は、不要なものは置かず、背の高い家具をベッド回りやドア付近に設置しないこと。家具類を一部屋に集め、何も置かない空間を作っておくなどの工夫もしましょう。そうすることによって家具の転倒による怪我のリスクを軽減することができます。
また、家具の転倒防止アイテムを使用することで家具が転倒しにくい環境にすることも重要です。

ポイントは背の高い家具の配置場所。
ベッドの近くや出入り口付近に配置すると、家具が転倒した際に下敷きになったり、避難経路をふさがれてしまう可能性があります。日頃から転倒防止の対策や配置の見直しをすることが大切です。また、重いものは家具の下の方に収納することも転倒防止のポイントです。

◆ 家具の転倒防止アイテムはこちら

リンテック21 冷蔵庫ストッパー

地震による家具の転倒防止を実施している人は多い中、冷蔵庫は見落としがちです。
冷蔵庫は大きく重量もあるため、転倒すると逃げ道をふさいでしまう恐れがある他、大人一人では移動させるのも大変。新たな対策として注目されています。地震が来る前に、冷蔵庫ストッパーでしっかり固定しましょう。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

アイリスオーヤマ 家具転倒防止伸縮棒「突っ張りタイプ」

地震の際に家具の転倒を防止する突っ張りタイプの家具転倒防止棒です。設置面の面積が広く、揺れても天井と家具をしっかり固定します。設置面は天井や家具を傷つけにくい発泡ポリエチレン素材。公的機関振動試験で転倒防止効果を実証済み。

アイリスオーヤマ 家具転倒防止プレート

タンスや食器棚等の家具類の下に敷くだけで倒れにくくする家具転倒防止プレートです。半透明の合成樹脂を使用しているので目立ちにくい。はさみ、カッター等でカットができますので、長さを自由に調節できます。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

キタリア タックフィット

超粘着固定の転倒防止シートです。リサイクル可能な環境にやさしい素材スチレン系ポリマーを使用し、柔らかく、畳など多少の凹凸部分にも食い込みやすい。優れた振動特性で共振を防ぎ、制振性を発揮します。

◆ 被害を最小限にする火災対策アイテム

ホームワーカー 電源遮断装置

震度5以上の揺れが起こると電源を遮断します。
停電時ブレーカーを落とさずに避難すると、電気が復旧した際、切れていたと思っていた電気ストーブやこたつ等の電気製品が再び作動したり、傷ついた配線から火花が出て、思いかけない火災の原因に。
災害復旧時の通電火災対策商品として注目されています。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

ヤマト エアゾール式簡易消火具 直撃消火

家庭用簡易消火剤です。水系の薬剤で安心、後片づけもラク。天ぷら油火災をはじめ、家庭での火災原因となる5タイプの火災をすばやく消火。火元に近づかないで約1.5m~ 2.5mくらい離れて使用することがおすすめです。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

ニッタン 住宅用火災警報器

住宅内の火災を検知し、音と光でお知らせする警報器。消防法により住宅への設置が義務付けられています。使用期限は約10年なので、すでにお部屋に設置されている場合は使用年数を定期的に確認し、期限切れのものを取り換えることが必要です。

ヤマトプロテック 蓄圧式消火器 FM1000X

容器が劣化している場合も破裂リスクが少なく安全な蓄圧式消化器です。

◆ 飛散対策、安全に避難するためのアイテムはこちら

開き戸ロック!!

地震の揺れによる開き戸をしっかりロック!

アイリスオーヤマ 飛散防止フィルム

ガラスが割れた際の飛び散りを防ぐフィルムです

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

トーヨーセーフティ 折りたたみヘルメット ブルーム

お手軽ワンタッチなひもを引くだけでできるヘルメット。収納性・携帯性に優れた防災用折りたたみ商品です。
コンパクトに収納でき、家庭はもちろん、学校・職場・公共施設の備蓄にも最適です。

アイリスオーヤマ 避難リュックセット

避難時に便利な12アイテムが入った災害時に役立つ避難用品セット。大型リュック入りなので、非常食や着替えを追加で入れられます。災害時の準備用品リストなどが載った防災マニュアル付き。
商品重量(約):2450g。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ


※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。

ペットの防災も人間と同じように普段使用しているものを使い、災害が起きた時のことを想定しておくことが大切です。ペットの食事はもちろん、トイレの問題や避難時に必要なもの等は今のうちにチェックしておき、できるだけストレスがかからない環境にしてあげましょう。ペットが安全に避難でき、一緒に暮らせるようにするため、日頃から準備できる防災対策が必要です。

◆ 非常時のおすすめ食料アイテム

DCMブランド 犬トレイ

1缶が1食分!柔らかい缶なので蓋を取ればそのままお皿にも。
後片付けも簡単!

DCMブランド 猫パウチ 70g 8袋入り

1パックで1食分!
手であげられます。
ウェットフードの為、水分補給にも!

ドギーマンハヤシ ペットドリンク Sブルー

手軽に携帯できるお水のボトル。パカッと開けてボトルをキュッとにぎるだけで、新鮮なお水をいつでもどこでも飲ませてあげられます。

ライトハウス ぺたんこボウル

使うときは広げて、持ち運ぶとき・片付けるときは折りたたんで コンパクトにできます。

◆ 避難時にあると便利なアイテム

DCMブランド ペットキャリー

通気性に優れたメッシュペットキャリーです。上フタがクリアタイプなので、移動中でもペットの様子が見えて安心です。

DCMブランド ペットの消臭スプレー

ノンアルコールでペット臭を素早く強力消臭。除菌。無香料。

※購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド 厚型ペットシーツ

長時間安心の吸水力。高分子吸収体が尿の嫌なにおいを閉じ込めます。

DCMブランド 固まる紙砂 6.5L

紙砂だから軽くて持ち運びが楽。高分子吸収材が、においまで瞬時に吸収します。燃えるごみに出しても、トイレに流しても処理できます。

◆ お手入れ・ストレス軽減アイテム

DCMブランド ペットにやさしいシャンプータオル 小型犬・猫用

散歩したあとの汚れ落としや介護時のお手入れに。なめても安心・安全。富士山麓の水使用。

DCMブランド 毛づくろい手袋 両手セット

マッサージとブラッシングが同時にできる手袋。毛が手袋にくっつき片付けも簡単。

DCMブランド 目周りケアシート

お手軽に毎日ケアで目周りスッキリ清潔。

DCMブランド 歯磨きガム 48本入り 各種

口臭、歯垢の予防をサポート。ビタミンE配合。

猫のグリ&ボン、「もしもの備え」を考える

ペットを飼っている方におすすめ!災害時のペットの備えをご紹介♪

フード編
キャリーケージ編
非常時のお手入れ編
最終回(トイレ編)


※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。



子育て世帯の本音から見えた、自宅での備え

DCMホールディングス株式会社は、「2018年自然災害被災者に聞いた、防災についてのアンケート」を実施しました。2018年の自然災害で停電や断水、ガスの停止に遭われた子育て世帯を対象とし、事前の備えや実際に役に立ったもの、また災害後の認識や備えの変化について調査を行いました。

2018アンケート

災害時に必要な備えについて、発災後の3日間で「あってよかったもの」「なくて困ったもの」、災害を経験し「これは絶対用意すべきと感じたもの」は何か尋ねたところ(複数回答可)、「モバイルバッテリー」84%、次いで「水」「電池」51%、「ランタン」47%、「保存食」44%という結果になりました。安否の確認、災害状況の確認だけでなく病院情報の収集や学校との連絡等のためにスマートフォンを使用していると考えられ、モバイルバッテリーはスマートフォンの使用頻度の高い子育て世帯に特にニーズが高いグッズと思われます。

Recommend おすすめ記事