2020.05.19 DCMブランド 雑草ガードシリーズ

雑草の生育を抑制する防草シート

Product information 商品紹介

DCMブランド 雑草ガードシリーズ
むしってもむしっても生えてくるしつこい雑草。防草シートを一度敷いてしまえば、雑草の繁茂を長期間抑制してくれて面倒な草むしりを軽減することが出来ます。土にあたる光を遮ることで、光合成を防いで草が生えるのを防ぎます。

Points 商品特徴

防草シートって種類がたくさんあってどれを選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。敷く場所と用途によって異なる種類の中から最適な防草シートを選びましょう。DCMのおすすめする防草シートをご紹介いたします。

空き地などの広い面積に敷きたいという方は価格が抑えられた「DCMブランド 雑草ガード」がおすすめです。クロス(織物)タイプで不織布タイプに対して低コストなため、広い場所での使用におすすめ。砂利の下に敷く場合や、ビニールハウス内やうね間、通路にも。クロス(織物)タイプは摩擦に強く、水が溜まりにくいというメリットがありますが、不織布に比べカットするとほつれやすくなるのがデメリットです。

●DCMブランド 雑草ガード
使用目安:約3年(使用環境によって変わります)
サイズ展開:1×10m、1×50m、2×50m

防草シートの生地には、

・摩擦に強く、水はけがいいクロス(織物)タイプ
・雑草の突き抜けに強く、耐候性の高い不織布タイプ

の2種類があります。「DCMブランド 丈夫で長持ち雑草ガード(使用目安 約7年)」は、なんとその2種類の生地を両方使用し、2つの生地の特徴を併せ持ったハイブリットタイプの防草シートです。
上側にしなやかで敷きやすいクロス生地を使用し、下側にほつれにくい不織布生地を使用しているため、防草シートを敷くのが初めての方でも敷きやすくスムーズに作業できるのが特徴です。
不織布タイプはクロスタイプに比べると硬いためカット時に力が必要というデメリットがありましたがハイブリットタイプではこれを解決。おうちまわりに敷きたい方へおすすめです。

●DCMブランド 丈夫で長持ち雑草ガード
使用目安:約7年(使用環境によって変わります)
サイズ展開:0.5×50m、1×10m、1×50m、2×25m

防草シートを何度も貼りかえるのは面倒くさい!一度敷いたら長く使える丈夫な防草シートがいいという方におすすめなのは「DCMブランド 丈夫で長持ち雑草ガード(使用目安 約10年)」です。
高密度に生地が編み込まれているため耐候性が抜群で、紫外線にも強いのが特徴。クロス(織物)タイプで敷きやすさもあり場所を選ばす敷くことができます。高密度タイプは値段が比較的高いですがその分丈夫で長持ちします。

●DCMブランド 丈夫で長持ち雑草ガード
使用目安:約10年(使用環境によって変わります)
サイズ展開:1×10m、1×50m

敷きたい場所の整地・除草をする。ここでしっかり除草することで、防草効果がより高まります。

シートを広げ、すき間なく地面を覆ってしまいます。シートとシートの境目の部分は10㎝以上重なるようにしましょう。

別売りの「シート固定用ピン」をハンマーで土に叩き込み、シートを固定します。

DCMブランド 雑草ガード
使用目安3年 各種

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド 丈夫で長持ち雑草ガード
使用目安7年 各種

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

DCMブランド 丈夫で長持ち雑草ガード
使用目安10年 各種

※ ご購入はお近くのDCMグループのお店へ

※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。季節商品のため、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。
※掲載商品はお近くのDCMグループ(DCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねや、ケーヨーデイツー)で販売しております。下記、「お近くの店舗を探す」から近くの店舗を探すことが可能です。

Relation 関連記事

20190308154647