2019.12.25 「今月のBEST OF THE BEST」~カーテン掃除は洗濯で!

カーテン

ズバッと季節のお悩みに回答してくれる、藤原千秋さん連載。1年中、窓辺に吊るされているカーテンは驚くほど汚れています。年末のお掃除の1つとしてカーテンをお手入れしてみませんか。12月はお手入れを忘れがちなカーテンのお手入れのBEST OF THE BESTです。

お掃除にかかわるライフスタイルをヒアリングしていると、まずまず両極端な回答がくるナンバーワンに、「カーテン」というものの取り扱いがあります。

カーテンは基本的に、薄いレースと厚手のドレープのセットになっていて、さまざまな色柄のバリエーションがあります。

カーテンにはインテリア要素だけでなく、屋外からの目隠し(防犯)、窓ガラスから入ってくる太陽光やその熱を遮ったり(遮光、遮熱)、屋内の温かさを外に逃がさない機能もあります。

また広い面積をもつ「布」であるため、屋内に飛び散る塵をキャッチする、窓辺で風を通す際には花粉やホコリを濾し取る、といったようなフィルター効果を担っている側面もあります。

そのため、実はかなり汚れているカーテン。なのですが……

洗っている人は、年に数回洗っている。
でも洗っていない人は、「洗ったことがない」(!)。
「カーテンが洗えるものだということなど知らなかった!」という方も……。

そうなのです。カーテンは基本的に、「洗濯」ができ、それこそがカーテンの「掃除」になるんです。

とはいえ、すべてのカーテンが家庭で洗える(洗濯機洗濯ができる)とは限りませんので、注意してください。

カーテンが「手作り」ではない工業製品であれば、基本的に「洗濯絵表示」のタグがあります。そちらに「水洗い可」「洗濯機洗い可」となっていれば、洗濯機洗濯に耐えられますが、「水洗い不可」であればクリーニング店に持ち込み、ドライクリーニングとしたほうが無難です。

輸入品などの高価なカーテンほど家庭では洗えないことが多いので、そもそもの購入時にケアの頻度、ケアの方法など、しっかり確認しておきたいところです。

また、太陽光で褪せて洗濯絵表示が消えてしまっていることも、古いカーテンではままあります。さらに、何十年? も洗ったことのないカーテンでは、太陽光の紫外線でカーテン生地が弱ってしまっており、一度洗うと、もうボロボロになってしまうなどということもありえますので、その可能性を承知して洗濯するようにしてください。あまりよい言葉ではありませんが「自己責任」になります。

さて、近年の製品、市販品のカーテンの多くは、レース、ドレープともに「ウォッシャブル」を謳う、「洗えるカーテン」です。こういったタイプのカーテンは、まずレールから取り外し、フックを外し、蛇腹に折り畳んで大きめの洗濯ネットに入れ、各々の洗濯機の「お洒落着モード」などに設定し、洗濯用中性洗剤を使って洗うことができます。

洗濯機のサイズにもよりけりですが、基本的にレースなら「90×180」くらいのサイズで2枚。厚手のドレープなら、1回に1枚ずつ洗います。

注意点は、脱水は1分程、弱めにおこなうこと。フックも食器用中性洗剤を溶かしたぬるま湯などでしっかり洗っておくこと。

洗いあがったカーテンにはフックをつけ、濡れた状態でレールに戻します。そうすることでカーテンは自重で伸びますので、シワにならずに綺麗に乾かすことができます。

この洗濯の仕上げの際に、柔軟剤を使うことで、カーテンは帯電しにくくなります。そのため、ホコリ汚れも帯びにくくなるのでおすすめです。

「何年ぶり」にカーテンを洗う方、もし洗濯機が縦型で、洗濯途中の様子が覗けるようでしたら、その洗濯水を見てみてください。

おそらく、水は「グレー」に染まっていることと思います。それこそカーテン生地が吸着しつづけた汚れ。煤煙、花粉、油煙、ヤニ、カビやダニを含んだホコリ、泥砂、そんなものたちです。

こういった汚れを落としたカーテンは、洗い上がりを部屋に吊るすと今その部屋のなかに漂っているホコリなどをまた吸い取ってしまうのですが、そうすると……。

空気がとても清浄になったのを感じられるかと思います。部屋のにおいもガラッと変わってしまうかもしれません。おそらく「気持ちいい」はず! ぜひ、これは体感して納得していただきたい、心地よさです。

冬にカーテンを洗うと、乾きにくいのでは? カビの元になるのでは? という心配もあると思いますが、逆に加湿をしなければいけないほど乾燥しているような日にこそ洗えばいいという考え方もあります。洗ったカーテンを吊るしておくだけでお部屋の「加湿」になるからです。予想以上にあっけなく乾くと思いますよ。

DCMブランド やさしく香る柔軟剤 つめかえ用 グリーンハーブ

抗菌、防臭、無着色、濃縮タイプの柔軟剤。 セーター、毛布などはふっくら柔らかく毛玉が出来にくくなります。また肌着、タオルなどは、ふわっと肌触りがよく仕上がります。抗菌剤配合で衣類の菌の増殖を抑え、いやな臭いの発生を防ぎます。ハーブの香り。
☆藤原さんもおすすめ!
カーテン洗濯の仕上げに。

DCMブランド 粘着クリーナー

カーペットはもちろんフローリングにも使えます。フローリング兼用 55周3巻入
☆藤原さんもおすすめ!
カーテンの表面についた大きなホコリのケアに。

藤原千秋

大手住宅メーカー勤務を経て、主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆。現在は企画、広告、商品開発アドバイザーなど多様な業務に携わる。TV「マツコの知らない世界」に1000個の掃除グッズを試した主婦として出演も。著・監修書に『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』など。

Relation 関連記事