2018.08.21 壁を使った「引っ掛け収納」で日々の暮らしをスムーズに!

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガー・大木聖美さん

整理収納アドバイザー2級認定講師。収納は家族みんなが取り出しやすくて戻しやすいのが一番!そんな「シンプルで使いやすく、快適で美しい収納」を目指しています。現在は、快適な収納の作り方をブログ・コラム・セミナーなどで日々お伝えしております。ブログ「我が道ライフ」も好評。

こんにちは。
整理収納アドバイザー「我が道ライフ」の大木です。
棚や引き出しなどがあればモノの収納はすぐできますが、使いたい場所に都合よく収納場所があるとは限りません。
取り出しやすい高さは肩から腰のあたりと言われています。その高さに棚や引き出しがあれば良いのですが、無ければ壁などを利用して収納場所を生み出してみてはいかがでしょうか!

壁を利用したり、フックを利用したりするだけで、収納の幅はグンと広がりますよ!
今回はそんないろいろなモノを「引っ掛ける収納」についてお伝えいたします。

玄関や玄関収納の中、クローゼットの壁面などにフックをつければ色々なものを収納できる「引っ掛け収納」のできあがりです!

夏は帽子をかけ、冬はマフラーをかけ、春秋はストールをかけるなど出かける際の身支度がすぐ整う優れた収納を生み出すことができますよ。

お子様用に取り付けて上着を掛けたり習い事のバッグを掛ける専用の場所にしてもいいですね!
簡単に出し入れできるので、使ったら戻すを身に付けるのにオススメな方法です!

何も掛かっていない場合でも違和感が出ないよう、インテリアに合ったデザイン性の高いものやシンプルなモノを選ぶと良いでしょう。

最近は、壁に跡が残らない壁掛け収納も多く見受けられますので賃貸でも手軽に取り入れることができる収納方法です

設置面から汚れが出てきてしまうお風呂場は、昔から引っ掛け収納が得意な場所でした。
掃除道具や体を洗うタオルなど、引っ掛けておくだけで汚れが近寄らないので安心です。

今はもともとツールバーがついているタイプのユニットバスが多いので、そこにS字フックを掛けて引っ掛けるのが主流です。

他に吸盤を使って壁面に引っ掛け収納を作る場合もありますが、どうしても吸盤がカビやすいのが難点。
そこで最近は吸盤に変わりマグネットフックを付けるお宅が増えました!
大抵のユニットバスは壁にマグネットが付くんです!

マグネットタイプのフックやツールバーをつければすぐに引っ掛け収納が可能になりますよ!気になる方はまずはご自宅のお風呂場の壁にマグネットが付くか試してみてくださいね。
吸盤よりマグネットの方が耐荷重もあるので安心です。

掃除道具の中には吊るしておけばサッと手に取ることができて便利だなと感じるものが多くあります。それらを吊るすのに便利なのが、ツールバー。

掃除道具を収納している壁にツールバーを取り付けS字フックを吊るせば、ハタキやブラシ類、掃除道具に関するグッズをひとまとめに収納できます。使いたい時にサッと取り出すことができて便利です。

玄関の壁に取り付ければ傘の引っ掛け収納のできあがりです!靴べらや洋服ブラシも引っ掛ければ、出かける際に使うグッズを取り出しやすく常備することができます。

壁に小さな棚を吊るすことで収納場所を生み出す方法もあります。

収納がないトイレの壁に棚を吊るして収納場所を作れば、掃除用スプレーや消臭剤を常備できる場所を生み出すことができます。
洗面所やクローゼット内など、小物類が多い場所でも活かせる方法です。

S字フックとピンチが合体した形のS字ピンチなら、ちょっと引っ掛ける場所があるだけで
色々なものを吊るして収納することが可能になります!

形の不安定な帽子をピンチで挟んで吊るしたり、ハサミを引っ掛けたり。洗面所で歯磨き粉をピンチで挟んで吊るして収納してもいいですし、お風呂場で洗顔フォームを吊るすなどチューブタイプのモノの収納にも使えます!

キッチンに2つ吊るしてレシピを挟んだり、リビングでカレンダーや子供の月間スケジュールを吊るしたりしてもいいですね!

挟まなくても、引っ掛けることで使い勝手の幅が広がるのも嬉しいポイント。
ベルトや帽子を引っ掛けたり、ストールやネクタイを引っ掛けて収納することもできちゃいます!

ハンガーも洋服を掛けるだけでなく、いろいろなものを引っ掛けて収納することができるアイテムに変身します!

形が不安定なバッグの持ち手をハンガーに通して吊るす収納に。
形が崩れることなく、出し入れのしやすいバッグ収納のできあがりです。
ストールやマフラーもハンガーに吊るすことで出し入れしやすく選びやすい収納になります!

隠す収納も良いですが、使いたいときにすぐ手に取ることができる収納は暮らしやすさに直結する便利な収納方法です。
家族みんながモノの場所を把握することができますし、元に戻すのもラクなので片付けをクセづけることにも大いに役立ちますよ!

「引っ掛け収納」を上手に取り入れて、日々の生活をラクに近づけてみませんか!

引き出しが足りなくてモノを片付けるのに困っていました💦
ツールバーもあったら便利になりそう♪
もっとひっかける場所を増やして収納上手になっちゃおう~☻

DCMブランド すべりにくい起毛ハンガー 38cm 5本組

連結して使用することができるハンガー。5本組。321円(税込)

Reration 関連記事