2019.02.19 汚れ続ける我が家と闘う!掃除のやる気をアップさせるコツ

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガーよしママさん

元小学校家庭科教諭。二人の小学生のママ。子どものハウスダストアレルギーで掃除にはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」を始める。雑誌、WEBで節約や掃除ネタを随時更新中。著書には『家族が笑顔になるおそうじの魔法』(日本文芸社)がある。

お掃除ブログ歴約5年のよしママです。
きれいな家を保つために必要なのは、モチベーションを保ち続けること。でも、「掃除をしたくない」、「明日にしよう」と先延ばしにしてしまう日だってあります。

そこで、掃除のモチベーションを上げるための、やる気アップの5つコツをご紹介します。

妥協して購入した掃除道具や、昔から何となく使っている道具、使わないからといただいた掃除道具…。それって本当に気に入っていますか。
また今使っている道具はブラシが傷んでいたり、毛羽だっていたりはしていませんか。古くなった掃除道具を使っていては、掃除の効率が悪くなって、掃除のモチベーションまで下げてしまうこともあります。
そんな掃除道具は思い切って手放して、今の生活スタイルに合う機能と使い勝手のよさを持ち合わせた掃除道具を見つけましょう。

ネットで取り寄せるのもいいですが、実際に手で持って、素材を確かめたり、重さや握りやすさを確認したり、自分のお気に入りを見つけてください。
そのとき、負担を減らすには少しでも軽い物がお勧めです。
そして長持ちさせるためにも、汚れたら丸洗いができるということも大切なポイントです。

経済的でエコなナチュラル洗剤との出会いから、私はお掃除にはまっていきました。
しかし、重曹やセスキだけでは取れない汚れも確かにあります。
そんなときはプロも使っているような、良く落ちる洗剤を試すようにしています。
最近はホームセンターやドラッグストア、ネットでも気軽に購入できます。

プロ仕様の物は汚れがよく落ちるので掃除がはかどるし、汚れもスッキリ落ちるので達成感が得られます。
時短掃除ができれば掃除の負担も減るので、掃除が楽しくなって、さらに掃除は頻繁に行えるようになります。
また掃除を楽しめれば、新しい洗剤をどんどんと使いたくもなるでしょう。
すると今使っている洗剤を早く使い切りたいので、また掃除をがんばる!こんな好循環が生まれてくれば、自然と家はきれいになってくるはずです!

リメイクシートは貼るだけで、部屋のイメージをガラリと変えることができます。
我が家のキッチンには油汚れ防止のために、コンロ周りにリメイクシートを貼って、インテリアとしても楽しんでいます。
キッチンに使用する場合は、キッチン用と書かれているものを使用してください。

リメイクシートは、貼る面をきれいにしなくてはちゃんと貼ることができないので、否が応でも掃除が必要になります。
インテリアは好きだけど掃除が苦手という方も、部屋をリメイクしながら掃除ができますので、掃除のいいきっかけにもなると思います。

リメイクシートは汚れ防止効果がありますので、掃除の回数を減らすこともできます。
掃除をしながら部屋の模様替えもできるなんて、一石二鳥ですね。

掃除のやる気がダウンする要因の一つに、「家の中に物が多すぎる」ということがあります。「最近、掃除してもなかなかスッキリしないな」という時は、無駄な物が増えてきた時。
まずは不要な物を選び、物の数を減らすよう努めていきましょう。

とくに布類、紙類、おもちゃは増えやすいアイテムです。
それらを厳選するだけでも、掃除するスペースが広くなってやる気アップにつながります。

また家具の配置にも気をつけています。
掃除機を持って通れないような場所がないように、また隅々まで掃除機を掛けられるように、掃除の動線づくりを心掛けていきましょう。

1年に数回、友人や親せきを家に呼ぶことも掃除のやる気をアップにつながります。
普段の掃除には期限はありませんが、「この日までに綺麗にしなきゃ」と思うと、いつも以上に頑張って掃除ができます。

お泊り客であれば、もっと掃除ははかどります。
いつも以上に部屋を見られるので、普段できないようなお風呂やトイレ、下駄箱など、しっかり掃除をするので、最も効果的な掃除モチベーションになります。

年末の大掃除から2ヵ月が経ちました。
大掃除のときにしっかり掃除をしたはずなのに、そろそろ換気扇やコンロ周りも汚れはじめています。

「しばらく掃除はしたくない」と思っていても、汚れは待ってはくれません。
なら、お掃除は一人より、二人です。
ぜひ一人で抱え込まずに、子どもや家族まで巻き込んで、みんなでお掃除をするようにしましょう。

お掃除のやる気アップのコツをご参考にしていただき、家族みんなで掃除をしてくださいね。

道具を変えるだけでも確かにモチベーションはあがるね♪
プロ仕様の洗剤とかだと汚れもきちんと取れて楽しいですよね!
自分でできることからやる気アップに繋げたいな✨

DCMブランド ハンディモップ マイクロファイバー

ふんわりした繊維だからほこりをしっかりからめ取るハンディモップ。薬剤は不使用なので安心してご使用いただけます。モップ糸は差し込み式の簡単装着で、洗って繰り返し使えるので経済的。狭いすき間にも入り込むスリム設計。537円(税込)

DCMブランド おそうじブラシ

絨毯やカーペットに入り込んだ髪の毛や細かいゴミをごっそりと絡み取るブラシ。室内飼いの愛犬や愛猫の抜け毛のお掃除にも最適。ブラシの縁部分を使えば、ソファーやサッシなどのすき間に入り込んだゴミを簡単に掻き出せます。水洗い可。429円(税込)

Reration 関連記事