2021.02.02 簡単!補修アイテムで原状回復する方法

日常生活の中で、部屋の壁や床、家具にキズがついてしまうことがあります。そんなときは補修箇所に合ったアイテムを使うことでキズを目立たないようにすることができます。その際には、補修箇所の色と補修アイテムの色をしっかりと合わせることがポイントです。
今回は補修アイテムを使って、簡単な原状回復をしていきたいと思います。引っ越し前には部屋のキズを補修しておくことで、修繕費等の余計な出費を抑えることができるかもしれません。家の中の補修できそうなキズはチェックしておきましょう。

壁紙ははがれ状態を要チェックです。欠けていなければ、きれいに補修することでほぼ目立たなくさせることができます。壁紙補修アイテムを使えば時間も手間もかからず補修することができます。また壁紙の補修には、ローラーや壁紙用ののり、ヘラが必要となります。

壁紙のはがれ補修は、まずはがれた部分がきれいに残っているか確認します。

その後、壁との接着面の汚れをタオル等できれいに拭きとります。ここが汚いままだと再度はがれてきてしまうので要注意です。

はがれている部分に壁紙用ののりを十分につけていきます。

のりを付けたらヘラ等で全体に伸ばしていきます。

のりが塗れたら壁に接着します。ローラーを使うとしわができづらく元の状態に近い壁にすることができます。

補修後の壁紙です。もし、のりがはみ出てしまったという場合にはティッシュ等で拭きあげれば問題ありません。

ぜひ壁紙のはがれを見つけた際には補修してみてください。今回のはがれとは違い、大きな破れの場合には別の補修方法もあるのでキズにあった補修をしてみてください!

家具を移動したときに起こりやすい擦りキズ。濃い色のフローリング等ではキズが目立ってしまうことも…表面についてしまった浅いキズの場合には補修用のカラーペンを使うことで擦ってしまったキズを補修することができます。

まずはキズ部分を確認します。深い溝の場合、補修用のカラーペンでは上手く補修できない可能性があります。
次の作業は簡単です。家具やフローリングと同様の色のカラーペンを使うことでキズを目立たないようにすることができます。塗っている作業の途中でティッシュ等でぼかしながら塗り重ねると上手に塗ることができます。

補修用のカラーペンでは補いきれないキズの場合には補修テープがおすすめです!一番手間が少なく、手軽に補修できるアイテムです。

しっかりテープで補修できる範囲内のキズかどうか、補修シールとの色が違わないかを確認します。
シールを貼るときには木目に合わせることを忘れないようにしましょう。斜めに貼ってしまうと違和感がでてしまいますので気を付けてください。色と木目が合っていれば、違和感なく補修することができます♪

パテを使うことでえぐれてしまった深めのキズも補修することが可能です。キズの部分にパテを流しこむことで、キズ自体を埋めてしまいます。パテを埋めての補修になるので色を合わせるときは特に気を付けましょう。

このようにパテを使うことでえぐれたキズもきれいに補修することができます。大きなキズがついてしまった場合でも、キズの状態をよく見て補修をすることで元の状態に近づけることができるかもしれません。

フローリングのキズ補修はパテだけでなく、補修用のクレヨンでも可能です。キズに対し、直角に塗りこんでいくのがポイントです。柔らかいクレヨンは、キズの溝を埋めるのに最適なので傷を見つけたら補修用クレヨンで試してみてはいかがでしょうか。

DCMブランド クロス補修4点セット

壁紙のはがれ・キズの補修に。
ローラー・ヘラ・すき間かくし・補修のり各1個。

DCMブランド 補修カラーペン

簡単な補修に使えるキズかくしセット。
カラーペン3本。

DCMブランド 補修テープキズかくし

色あせ・やすりキズに。
長方形(横7.5cm×高さ2.5cm)4枚・丸形(直径2cm)12枚。

DCMブランド 補修カラーパテ

フローリング・家具などの深いキズに。
カラーパテ3本・ヘラ1個。

DCMブランド フロア補修クレヨン 3本セット

フローリング・家具などの浅いキズに。
クレヨン3本。パテ3個・スチールウール・ヘラ各1個。

Relation 関連記事

20210129082030