2020.04.22 ベランダに人工芝を敷きたい!敷く前に知っておきたい注意点と施工方法

ベランダを快適空間に。人工芝DIYにチャレンジ!ポイントは人工芝の水はけのよさ

ベランダに人工芝を敷きたい!敷く前に知っておきたい注意点と施工方法

なんだか殺風景だと感じるベランダでも、人工芝を敷けば子供も遊べるステキな空間に変わり自宅で過ごす時間が楽しくなります。自分で人工芝を敷いてみたいという方のために敷き方&敷く前の注意点をご説明します。人工芝DIYにチャレンジしてみましょう。

お庭がないおうちでもベランダやバルコニーに人工芝を敷けば雰囲気が一変し、空間を有効的に使うことが出来ます。
天然の芝を敷くことは出来なくても、見た目がリアルで本物に近い人工芝を敷くことで十分に芝の質感を楽しむことが出来ます。
洗濯物を干すためだけの場所だったベランダが、人工芝を敷くことで子供も遊べる楽しい空間に早変わり。ガーデンファニチャーを置いてベランダでほっと一息、なんてことも出来ちゃいます。

人工芝をベランダに敷くなら、重視したいのは水はけのよさ(排水性)!
水はけの悪い人工芝を敷いてしまうと、カビが生えてしまったりゴミが溜まりやすくなったり、水が溜まって虫が沸いたり・・・、敷かなきゃよかったと後悔してしまうかもしれません。
地面の土と違いベランダのコンクリートは水を吸ってくれないので、排水性がよく表面の乾きが速い人工芝を選ぶことが重要です。

一般的にロールタイプの人工芝は裏面が合成のゴムなどで出来ているため、水はけを良くするために水抜き用の穴があります。このようなタイプでもいいのですが、裏面がゴムだと重くて作業しにくいというデメリットも。

おすすめは裏目が不織布タイプの人工芝です。裏面が不織布の人工芝は、裏面ゴム製のものと比べ水抜き穴がなくても水はけがとてもよく、軽量化されているというのが特徴です。また、乾きも速いため水たまりが出来にくいのも嬉しいポイント。

実際にベランダに人工芝を敷いてみましょう。今回はDCMブランドの「防草・透水 人工芝」を使用します。裏面が不織布のタイプです。

用意するもの

・メジャー
・人工芝用両面テープ
・大きめのハサミやカッター
・目印をつけられるペン
・清掃道具

※人工芝専用の両面テープは強力なため、剥がした際に跡が残る可能性があります。

ゴミ箱や植木鉢など、敷くときに必要ないものは片付けておきましょう。

人工芝の下にゴミがあると、両面テープが接着しづらくなるのできれいに清掃します。

メジャーで設置場所の広さを測り、必要な人工芝の大きさを計算します。

人工芝を裏側に向け、必要な分に印をつけカットします。

人工芝には芝目があるので、2枚組み合わせる際には芝目を合わせると見た目がきれいです。

床に両面テープを貼ります。両端に加えて真ん中にも貼るとしっかり固定できます。

両面テープを床に貼り終わったら剥離紙をはがし、床の端から人工芝を貼っていきます。
【ポイント】人工芝を丸めたまま床の端に置き、少しずつ広げながら貼っていくとシワになりにくいです。

デッキブラシで芝目を立たせましょう。

※ほとんどのベランダには雨水が排出されるように傾斜が付いており、排水口から流れていく仕組みとなっています。
水の流れを邪魔するように両面テープを貼ると水たまりが出来やすくなってしまうため、水の流れを遮らないように両面テープを貼る向きを変えたり、テープに隙間をあけて水が流れやすいようにしましょう。

定期的にお手入れをすることによってきれいな状態で人工芝を維持することが出来ます。
同じ場所に植物の鉢やガーデンファニチャーを長期間置いておくと、その部分だけ人工芝がへたってしまうため定期的に位置を変えましょう。また、デッキブラシなどで芝目を立たせるように掃除すると効果的です。お部屋を掃除するように掃除機をかけてもよいでしょう。

今回ご紹介した裏面不織布タイプの人工芝の詳細はこちら!

DCMブランド 防草・透水 人工芝 1m×2m

DCMブランド 防草・透水 人工芝 1m×5m

DCMブランド デッキブラシ H-YDB1

トイレ・玄関などタイルのお掃除にシンプルで使いやすいブラシです。人工芝の芝目を立たせるときにも役立ちます。

Relation 関連記事

20200303095120