2019.07.16 【DIYレシピ】オリジナルスツール

座面を外して手触りの良い杉板を取り付けるだけ!!

DCM DIY倶楽部がおすすめする作品のレシピをご紹介♪
気に入ったメニューがあればぜひお家でもどうぞ!

DCMグループの一部店舗ではDIY教室も開催しておりますので近くに店舗のある方はぜひいらっしゃってください!

・DCMスタッキングスツール…1個
・ダンパシンワッシャー…4本
・杉カフェ板…縦200×幅2000×厚さ30mm
・デコレーション用ラベルなど

①やすりをかける。

・ドリルドライバー
・プラスビット(2番)
・紙やすり #120
・塗料
・塗装具(刷毛、スポンジ)
・マスキングテープ
・ステンシルシート

①既成品の座面を外す

既成品のイスをひっくり返し、座面をとめているボルト4本をドリルドライバーで外す。
★ポイント
杉のカフェ板を使うと、あたたかい感じになり、ワトコオイルやワックス系の塗料を塗ると、ヴインテージ風にもなり味わいがあっておすすめです♪

②杉カフェ板を付ける

杉のカフェ板を置き、バランスよく真ん中に脚部分を置く。ボルトがはまっていた穴に、ダンパシンワッシャーを下穴なしでドリルドライバーを使って打ち込む。
★ポイント
杉の板は「ふし」があります。ふしは固く、ビスが打ちにくいので、ふしがある場合は避けましょう!!

③座面にやすりをかける

紙やすりを使って、座面にしっかりやすりがけをします。
写真のように電動サンダーでやすりがけをすると、とても早くて楽ちんです♪

★ポイント
紙やすりだと破れやすいので、「布やすり」を使用し、やすりを木の端材に巻き付けてやすりがけすると、力が入りやすくしっかり
やすりがけができます!特にお子様にはおすすめです♪

④塗装やステンシルをする

水性塗料で塗装し、ステンシルをすればオリジナルデザインのスツールの完成!

Reration 関連記事