2019.06.27 【DIYレシピ】Do Create My スケルトンシェルフ

DCMスタッフのくらしのアイデア大公開!!

長ネジとアクリル板を使ったシェルフ です。
棚板はナットで高さを調節できる ので、使用シーンにあわせてお好みの 高さにして使えます。

・アクリル板 約200×300×厚さ3mm
・長ネジ   M5×4本
・六角ナット M5×20個
・袋ナット  M5×4個

・アクリルカッター    ・定規
・電動ドリルドライバー  ・ヤスリ
・鉄工用穴あけビット(5.5mm)

【1】 アクリル板カット

アクリルカッターを使い、アクリル板を3等分にカットします。

アクリル板保護シートの上から線を引きます。

定規をあて、線に沿って、アクリル板を削り、溝を掘っていきます。
端から端まで均等に、アクリル板の厚さの3分の1程度まで削ります。

机の端などを利用して、アクリル板を折ります。
このとき、溝のある面が上側になるように置きます。

【2】 穴あけ

アクリル板の四隅に鉄工用穴あけビットを使い、穴をあけます。
アクリル板の割れを防ぐため、ゆっくりと穴をあけていきます。

【ポイント(穴あけ位置)】

1枚目は定規をあてて穴の中心を決めます。
今回は端から10mmの位置を中心にします。
2枚目、3枚目は穴をあけた1枚目に重ねて、1枚目の穴の中心にあたる位置に印をつけて、そこを中心に穴をあけます。

【ポイント(ケガ防止・仕上がりを美しく)】

穴あけ部分、カット部分にヤスリをかけてバリを削ると、加工部分が滑らかになります。

【3】 組立て
アクリル板の穴に長ネジを通します。
長ネジにナット、残りのアクリル板を通し、各アクリル板をナットで挟んで固定します。
ナットは手で締められます。

【ポイント】

ナットの位置で棚板の高さが変わります。
棚に置く物にあわせて簡単に高さの調節ができます。

Reration 関連記事