2018.09.05 備えあれば憂いなし!火災警報器の取り付け方

今回は火災警報器の取り付け方を動画でご紹介します。住宅用火災警報器には、煙を感知するタイプと熱を感知する2種類があります。大切な命を守るためにぜひ火災警報器の設置してくださいね!

①本体と取付ベースを外す

手で挟んで反時計回りに回すと外れます。

②取付ベースを木ネジで2か所固定する

取付面が石こうボードの場合、下地探しを使用し天井裏の間柱木部に取り付けるか、石こうボード用の取り付けプラグを取り付けてからネジで固定してください。

③本体に電池を入れる

電池コネクタを差し込み、電池収納部に電池を収納します。

④本体を取付ベースにはめて、時計回りに回す

取り付け完了後は、動作確認を行いましょう。

※火災警報器本体・電池は10年を目安に交換をおすすめします。取付年月日を忘れずに記入しておきましょう。

Panasonic/けむり当番薄型2種(電池式・単独型)SHK6030P

位置合わせ不要!クルッと回すだけで簡単に取り付けることができる住宅用火災警報器です。けむりを検知して約90dBの声と警報音で知らせてくれます。インテリアになじむシンプル&コンパクトデザイン♪専用リチウム電池付き。
サイズ:約直径10×高さ2.6cm
本体質量:約110g(電池含む)
電源:専用リチウム電池(交換用電池品番 SH384552520)

Panasonic/ねつ当番薄型定温式(電池式・単独型)SHK6040P

位置合わせ不要!クルッと回すだけで簡単に取り付けることができる住宅用火災警報器です。ねつを検知して約90dBの声と警報音で知らせてくれます。インテリアになじむシンプル&コンパクトデザイン♪専用リチウム電池付き。
サイズ:約直径10×高さ3.63cm
本体質量:約100g(電池含む)
電源:専用リチウム電池(交換用電池品番 SH384552520)

ニッタン/火災警報器煙式 けむタンちゃん KRG-1D-X

万が一の火災を音と光で知らせてくれる住宅用の火災警報器です。家電製品のブザー音(ピーピー…)と区別しやすいスピーカーを使ったスイープ音(ビュービュー…)を採用。台所・寝室・居室・階段などの設置にオススメ!
サイズ:約直径10×高さ4.05cm
電源:専用リチウム電池(CR17335E-N-CH2-NS(FDK)、CR17335 WK150(日立マクセル))

ホームワーカー/電源遮断装置 N-2099

お家のブレーカーに取り付けておくだけで、電気火災を防ぐことができるアイテムです。震度5以上の地震が起こると、揺れによっておもりが落下し、電源を遮断します。停電が復旧し、送電再開後の二次火災を防ぎます。

シンワ/下地探し どこ太 Smart 35mm

壁裏の間柱を簡単・確実に探せる下地探しです。火災警報器、家具転倒防止の金具、手すり、タオルハンガー、カーテンレール等の金具の取り付けに使用できます。目盛付なので刺し込んだ壁のおおよその厚さが分かります。不意な針の飛び出しを防ぐ安全設計!携帯に便利なポケットサイズです。
使用範囲:最大35mmまで

シンワ/下地センサー Basic

壁に当ててスイッチを押すだけで、壁裏の金属・木材・プラスチックを探知し、点灯と電子音で知らせてくれます。火災警報器、家具転倒防止の金具、手すり、カーテンレール等の金具の取り付けに使用できます。
サイズ:縦13.6×奥行き3.5×横5.6cm
電源:9Vアルカリ乾電池×1本

Reration 関連記事