2017.07.19 ヨーグルトメーカーを使って、おうちで手作りヨーグルト♪

今回は、牛乳パックをそのまま使っておうちで簡単にヨーグルトを作ることができる、『ヨーグルトメーカープレミアム』をご紹介します!

牛乳パックで自家製ヨーグルト♪

牛乳パックをそのまま使って、おいしいヨーグルトを簡単に作ることができます。ヨーグルトを買うよりも価格が手頃で、毎日食べたい、家族でたくさん食べる方々におすすめです。
容器を使わず、牛乳パックをそのまま使えるので、手軽で失敗の可能性も減り、温度調節機能(25℃~65℃)と1℃刻みで温度設定できるから、ヨーグルトのほか甘酒や塩麹、クリームチーズや納豆など様々な発酵食品づくりも可能。
フードコーディネーター監修のレシピブック付きです。
サイズ:約幅14.7×奥行14.7×高さ28cm

※DCMの店舗でご購入いただけます(一部取扱いのないお店もあります)。

作り方はカンタン♪

材料は、市販のパック牛乳とヨーグルトだけ。
牛乳パックは500mlと1LのどちらでもOK!パック牛乳にヨーグルトを入れてかき混ぜ、付属のフタをして本体に入れたら、温度を40℃にタイマーを8時間にセットするだけ。簡単においしいヨーグルトができあがります♪

※詳しい作り方は、取扱説明書およびレシピブックをご覧ください。
※失敗しない為にも、牛乳を混ぜるスプーンや牛乳パックのふたは必ず熱湯消毒のうえ、使用してください。
※人気のr1ヨーグルトメーカーも作れますが、R-1菌(乳酸菌1073R-1)」が生産する「EPS(多糖体)」の量は原材料や発酵条件等により異なるので、必ずしも市販のヨーグルトの効果が期待できるとは限りません。

ヨーグルトをアレンジ

付属の水切りカップを使えば、ギリシャヨーグルトやクリームチーズなども作れます♪
1.ギリシャヨーグルトの作り方
通常に出来たヨーグルトをコーヒーフィルターなどを使って、ヨーグルトをろ過して、水を切ったら、ギリシャヨーグルトの完成です。
2.クリームチーズの作り方
ギリシャヨーグルトに塩を少し加えるだけ。

さまざまな発酵食品作りに対応

温度は25~65℃(1℃刻み)、タイマーは1~48時間(1時間刻み)と細かく設定できるので、ヨーグルトのほか人気の甘酒や塩麹、納豆など様々な発酵食品が作れます♪

DCMブランド/体組成計 ホワイト H-TTS01

電源を入れる操作は不要!乗るだけで電源が入ります。体重、体脂肪率のほか、基礎代謝量、内蔵脂肪レベル、体内年齢がチェックできます。

※ご購入はDCMのお店へ

Reration 関連記事