2017.01.04 寒い日は体を温める飲み物を! はちみつゆず茶とホットワイン

こんにちは、ホームセンター女子のりおです。
冬晴れが続いているけど、冷え込みはやっぱり厳しい。
冷え性の私は、ひたすら暖かい飲み物で日々を過ごしています。
でも最近友人から聞いた話では、暖かい飲み物でも体を冷やすものと温めるものがあるとか。
そしてその友人からもらったのは、韓国のはちみつゆず茶。

これ、本当においしい。お湯で薄めて飲むけど、ゆずの香りがなんとも言えない癒し~
しかもビタミン豊富で、体を温めるだけでなく風邪予防にも役立つとか。
でも、うちの近くで売っているお店がないし、毎回ネットで取り寄せるのも面倒なんだよね。
ウェブで調べたら、作り方は難しくなさそう。
いっそう、自分で作ってみよう。

準備するのは、ゆず、氷砂糖、純粋はちみつ。
ゆずは皮の部分を使います。
洗って、そのまま10秒ほど湯通ししておくと、ゆずの皮が少し柔らかくなるらしい。

包丁で半分にカットして、しぼり器でジュースとともに種や薄皮を取り除いていく。
この形のしぼり器は使いやすくて、個人的に一番好き。
うちにあるのはだいぶ昔に買ったものだけど、それでもちゃんと取れました!
今お店にある絞り器だともっと取れるかも!

白いワタも結構取れたと思うけど、
渋味が気になる人はスプーンで最終的に仕上げてもいいかもしれません。

でも私全然気にならないから、そのまま包丁でカット❤︎

あとは、密封保存ビンに詰め込むだけ。
ゆず皮と氷砂糖を交互に入れて、量は適当~
少しなじんできたら、はちみつを入れてかき混ぜれば、作業終了!

あとは冷蔵庫に入れて、待つのみ。
二日後、ゆずがしんなりしてきた!↓↓

本当は一週間ぐらい漬けると、氷砂糖も溶けて良い感じに仕上がるらしいけど、
我慢できず三日目で飲んでみました。(≧▽≦)
スプーン一杯分。お湯入れて、少しずつ溶かしていくと、
ゆずのいい香りと蜂蜜のほのかな甘い匂いで、幸せな気分~

寒い日はまだまだ続きますが、コタツに入って、あたたかいゆず茶を飲む幸せったら❤︎
ね、ねむい...

絞ったゆずの果汁はポン酢にして、お鍋の日に完食!
残った実と薄皮の部分は捨てるのがもったいないから、こちらに使いました!

最近ハマっている「ホットワイン」。ヨーロッパなどでは冬の定番飲み物らしい。
赤ワインにシナモンを入れ、鍋や電子レンジで温めた後、
お茶パックに入れたゆずの実と薄皮を少し浸してすぐ取り出す。
それだけで、ゆずの香りが漂うおいしい飲み物に。
スーパーから買った安いワインも、自分好みの味にできるのが気に入ったところ。
憧れの「ワインを嗜む大人の女性」に、少しは近づいたかな?(*^▽^*)

そうだ、ゆず茶を作るときの保存ビンは、事前に煮沸消毒してくださいね。

ちょっと長くなりましたけど...(食べ物となると長くなるのは食い意地の現れ?)
以上、くらしメモでした。

Reration 関連記事