2018.12.10 【How To】障子紙の貼り方~その2 両面テープ貼り編(動画あり)

ホームセンターに勤めているとよくお客様に聞かれる「障子紙の貼り方」。どの種類の障子紙を選ぶ?どうやってはがす?どうやって貼る?しわができたらどうすればいい?...などなど。確かに、プロの職人ではない我々一般人には、障子紙を貼るのにハードルを感じやすいかもしれません。そこで、主要な障子紙の貼り方3種類について、それぞれの動画を作りました。動画とともに、貼り方のポイントや注意点を3回に分けてご紹介します。

障子紙の貼り方、第2回目の今回は両面テープ貼り編。両面テープ貼り障子紙を貼る際に用意するものは:

・障子紙
・専用両面テープ
・仮止め用テープ(マスキングテープなど)
・カッターナイフ
・カット定規
・ヤスリ

この中で、特に気を付けてもらいたいのは「専用両面テープ」。テープ貼り障子紙の多くはプラスチック障子紙で、一般の両面テープでは付きにくい場合があります。そのため、強度の強いプラスチック障子紙でもしっかり張り付いて剥がれない専用テープがおすすめ。代用品で安く済ませるのも一つの方法ですが、長持ちさせるためにはやはり専用品を使いましょう。
実際、一般的なホームセンターで容易に手に入れることができる専用道具も安くセットされていますので、1つ買っておくと安心ですね。

DCMブランド 障子紙貼替道具セット 3点セット両面テープ貼り用

両面テープで貼る障子紙用初心者道具セット。中身:両面テープ8.5mmx20m(腰板なし障子 4列8段1枚分),カッターナイフ,障子紙用カット定規。

障子枠、桟を平らにするため、ヤスリで軽く削ります。障子枠や桟に汚れなどがついている場合、剥がれる原因になりますので、ヤスリで汚れや付着物を軽く落とし、表面を滑らかにすることで、両面テープがしっかり張り付きやすくなります。

障子を平らな面に置いて貼る位置を決め、マスキングテープなどで仮止めします。仮止めした後、障子紙を1回広げてみて、斜めになっていないか、曲がっていないか確認します。

仮止めした障子紙を枠の片側に巻いたまま置いておき、障子枠の縦方向に専用両面テープを貼っていきます。この時、枠の内側ギリギリに貼りましょう。枠に段差がある場合は、段差部分に両面テープを貼るのがポイントです。縦方向にすべて貼り終わったら、裏紙をはがしておきます。

次に横方向にもすべて両面テープを貼ります。この時裏紙をはがさず次のステップに進めます。

横方向の両面テープの裏紙を1枚ずつはがしながら、枠の外側に巻いてあった仮止めした障子紙をクルリと転ばしながら、貼っていきます。内から外に向かって指で押さえて、しっかりと貼りつけましょう。貼った分の縦方向にももう一度指で押さえて、貼りつけを確認します。

最後は余分な紙をカッターで切り取れば完成です。この時はカット定規を使いましょう。刃先をあげずに、定規を動かしながら切るようにします。横枠はカット定規の段差を利用するとまっすぐ切れます。

両面テープ貼り障子紙をはがした場合、水で濡らすではなく、ドライヤーを使います。ドライヤーの熱風が両面テープの糊を緩めてくれるからです。

まずは障子紙を張り付けている側の隅に、ドライヤーの熱風をあてながら、反対側から障子紙の隅を手で押し少しずつはがします。一角でも障子紙と専用両面テープが一緒にはがれはじめたら、ドライヤーをあてながらゆっくりと全てはがします。

もし障子紙だけが剥がれて、両面テープが枠に残ってしまった場合、障子紙をテープにもう一度貼りつけしなおしましょう。そして上のやり方でもう一度やってみて、あくまで障子紙と専用両面テープが一緒に剥がれるようにしましょう。

どうしても剥がれにくい場合、場所を変えて、違う隅から再トライすることをお勧めします。

DCMブランド プラスチック障子紙 強さ7倍 テープ貼

本プラスチック層を障子紙の両面に貼り合わせて、破れにくい障子紙です。障子紙のJIS規格破裂強さの下限値にくらべ約7倍の強さ。明るさも約15%アップし、室内が明るく感じられます。冷暖房効果があり、汚れたら水ふきができます。UVカット95%、両面テープ貼り。無地、雲竜、桜の3柄から選べます。サイズ:94cmx1.8m、1,077円(税込)。

Reration 関連記事