2018.09.18 限りあるリビング空間をゆったりくつろぎの空間に魅せる方法

シンプルでゆったりと快適なリビングは、みんなの憧れ。
でも、広さや収納などに限りがあったり、油断するとゴチャっとした雰囲気になってしまったり、現実的にはなかなか難しいもの。
ここでは、少しでも理想に近づけるためのポイントを紹介します。

ポイントは3つ。
・色
・素材
・収納
です。ではそれぞれについてご説明しましょう。

色は、基本的に、3つの分類で考えセレクトしましょう。
ベースカラー:壁紙など、多くを占める色
アソートカラー:大きめ家具など、ベースに次ぐ面積を占める色
アクセントカラー:クッションや小物など、ポイントに使う色

壁紙が白で、既存のナチュラル素材の家具、またインテリアグリーンがある場合は…
ベースカラー:白(既存)
アソートカラー:茶色・ブルー系
アクセントカラー:グリーン・イエロー系

と、全体のバランスを考え、配置していきます。

取り入れる小物や雑貨類は、素材にも着目して統一感を出しましょう。ナチュラル風なら、グリーンや、ウッド調の家具・照明などを選んで。

また、インテリアグリーンを複数配置するなら、窓の近くが◎。
ベランダや庭の木々・グリーンとリビング内のグリーンがつながっているような流れができ、窓の外もリビングの一部のように感じる視覚効果が。
より広く見せられるよう、配置場所も大切なポイントです。

とにかく「外に出さない」が一番のポイントです。リビング脇に収納棚があれば、そこをフル活用!リビングに集まりがちな子どものおもちゃ・勉強道具や、雑多な日用品を隠して収納しましょう。

棚の中もシンプルに、わかりやすく収納して。収納小物も、ベースカラーの白にすれば、壁紙と同調して◎です。

あまり目につかないスペースに、収納を設置するのも手。

絵本や雑誌などの書籍は色が多く、ゴチャっと見えてしまうアイテムです。死角を活かし、古材やワイヤーレールでDIYしたラックを設置すれば、すっきりと収納できますね。

アイデア投稿:山口麻里さん(暮らしニスタ)

Reration 関連記事