2017.04.26 ディアウォールでキャットウォーク

こんにちは、りおです。

最近、ホームセンター女子をしていることがだんだん友達の間で広がってきたようです。
すると、私のところに初めて、友達からオファーがきました。
「うちのネコちゃんのために何かを作って」って。
(私でいいの...?)
友達は少し前に実家暮らしからちょっと離れたアパートでひとり暮らしを始めた。
実家時代にかわいがっていた飼い猫のタコちゃんも一緒に住むことに。
2度ほど、ご実家でタコちゃんのお目にかかったことがありますが、
ペット経験なしの私でも、メロメロになるほどのかわいさ!❤❤

(ご実家での写真。きゃっわいい~~~Σ(゚∀゚ノ)ノ)

いまのアパートは実家よりはるかに狭いので、運動不足が心配とのこと。
ウェブで検索したら、壁にキャットウォークを作りたいと私にお手伝いのオファーが来た。
ホームセンター女子の名にかけて、何とか作りますよ!

使うのは、最近テレビでもよく紹介される「ディアウォール」。

壁に穴を開けずに、棚が作れたりする優れもの。
ディアウォールと一緒に使うのが、2×4材と木の板と棚受け。
(2×4材は何?って方は、下記URLをご参照いただけます:

木材は事前にサイズを図って、お店の木材加工サービスにカットしてもらいました。

ディアウォールは上下セットになっていて、
天井用の部分と床用の部分をそれぞれ木材の片端にはめ込みます。

天井用の部分のスプリングを内蔵しているので、つっぱり棒のように壁に固定できる。

天井につっぱるほうを固定できたら、
少し持ち上げて、床部分をずるずると壁に近寄せる。
女性にとっては少々力が要るかも...でも一人でも大丈夫でした!

同じ要領で4本設置!
ちょっと難しいかなと思ったけど、意外とあっさり、無事に完了。

そして、棚板に棚受を設置していきます。電動ドライバーがあると、かなり楽勝!
友達は電動ドライバー初心者だったけど、普通に使えてしまい、
「りおのこと尊敬してたけど、意外と大丈夫じゃん!」って。
(落ち込む。。。)

次は棚板をディアウォールで作った柱へ固定する作業。
事前に取り付けたい場所に印をつけて、できるだけ水平になるように設置。

これは慣れてくると一人でもできるけど、今回は二人で作業。
私がドライバーとねじ担当で、友達は棚板持ち担当。
「ななめになってるよ!」「そっちが高い!」「早く!重いよ!」
チーム力の無さが露呈した、てんやわんやの女子二人。脚立も使いつつ、なんとか完成。
(写真撮る人いないから、ここは写真なし...)

いきなりアフター!
なかなかの迫力!自分でできたとは思えない出来栄えです!(自画自賛)
タコちゃんが乗ると、

なんか嬉しそうかも~(猫の表情はよくわからないけど...)

もちろん、このままだとちょっとお部屋が寂しいので...
猫ちゃんの邪魔にならないよう、少しモノを置いたり、グリーンを飾ったりして...

棚板の下の空間も活用して、猫ちゃんも人間もくつろげるコーナーを。
個人的に間接照明もほしいなと思っているけど、
お飾りは部屋の主に任せるとして、
ホームセンター女子の初オファー、成功~~!かな?(≧▽≦)

ディアウォールで、より高度な「キャットタワー」も作れるらしい。
例えばこんなレシピも:(クリックすると詳細レシピが表示されます。)

でもわたしは、今回のキャットウォークで結構満足!
何より、タコちゃんはかわいかった~~~

今度娘を連れてあそびに行こう~
娘と猫、なんかいい勝負になりそうな気がする...果たしてどっちが勝つかな?
以上、くらしメモでした。

今回使用した商品はこちら

一般塗料で着色可能!
マンション、アパート等の賃貸住宅やコンクリート壁、キズをつけたくない壁に!

おススメの商品はこちら

DIY初心者の女性や家族が楽しめる「安全で手軽なDIYパーツブランド」。
原状復帰が必要な賃貸住宅でも、天井や壁を傷つけずに安心して設置できます。
950円(税込)

Reration 関連記事