2017.10.15 鏡の掃除方法!原因や場所に合った道具とテクニックで家中ピカピカ!

家の中を見渡してみると、玄関、洗面台、お風呂など、さまざま場所に鏡があります。鏡の種類も、はめ込み式、姿見、手鏡などと豊富です。すべての鏡を常にピカピカにしておくことは、手間がかかって大変そうなイメージを抱くでしょう。しかし、鏡が曇っていると顔色がくすんで見えたり、姿が見えにくくなったりして不便です。そこでストレスなく鏡を掃除できる方法や、原因や場所別に対応した掃除方法をご紹介します。汚れが落ちやすくなることで鏡の掃除が面倒に感じにくいので、いつでもピカピカの状態をキープできるようになります。

鏡は家のあらゆる場所に存在します。鏡の設置場所によって、鏡に付く汚れが異なります。一般的な鏡の汚れは、ホコリ、油汚れ、水垢の3種類です。まず、玄関や部屋に設置している姿見や鏡にはホコリが付きやすいといえます。人が動く場所に設置しているので、布製品から舞ったホコリが鏡につきやすくなるからです。次に、手鏡や化粧をするときの鏡は、化粧品の油汚れや手垢などの皮脂汚れが目立ちます。最後に、水垢は洗面台やお風呂などの水がかかりやすい鏡に付きやすい汚れです。

水垢ができやすい原因は、水道水に含まれる「カルシウム」「マグネシウム」「ケイ素」などのミネラルです。ミネラルが、空気中の酸素や二酸化炭素と結びついて白い結晶のような「水垢」になります。水垢は、付きやすく落としにくい頑固な汚れとして有名です。水道水に含まれる「ケイ素」というミネラルは、鏡の成分としても含まれています。水道水と鏡のケイ素は結び付きやすく、水垢が一度ついてしまうと強く結合してなかなか落ちません。浴槽や壁に付く水垢よりも、鏡に付く水垢のほうがケイ素の結びつきが強いので頑固です。洗面台やお風呂などの水がかかりやすい鏡は、特に注意して日頃のケアを行わないと落ちない頑固な汚れになって取るのが大変になります。

ホコリが原因の鏡汚れは、まず表面についたホコリを取り除くことから始まります。ぬれた雑巾を固く絞り、水拭きをしてホコリを取り除きます。雑巾を洗うのが面倒なときや、大量のホコリが付いているときは、使い捨て可能な新聞紙がおすすめです。新聞紙は窓ガラスの掃除にもよく使われますが、ホコリを落とすだけではなく、新聞紙に使われている油分が鏡に膜を張ってホコリを寄せつけなくする効果も期待できます。また、使わなくなった洋服やタオルなどの古布を適度な大きさに切って使っても良いでしょう。

雑巾や布を使って水拭きすると、布から出た小さな繊維が鏡に残ることがあります。そこで、今度は乾拭きします。鏡を傷付けないためにも、やわらかい布でやさしく磨きましょう。ガラス製品は乾拭きすることで、ピカピカと輝きを放ちます。乾拭きをするときは、やわらかなマイクロファイバー製の布やガラス専用の掃除用ふきんがおすすめです。

手鏡や化粧をするときに使う鏡は、化粧品や皮脂の汚れが頻繁に付きやすい鏡です。日ごろの掃除であれば、気軽に使い捨てできる新聞紙や古布がおすすめです。新聞紙や古布をぬらして絞り、汚れを拭き取ります。新聞紙や古布で取れない汚れや日ごろの掃除では落ちない汚れは重曹を使うのがおすすめです。化粧品や皮脂などの油汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹を使うことによって汚れが中和されて落ちやすくなります。

しかし、重曹は研磨効果があり、粉のまま使うと鏡が傷つきやすくなるので注意が必要です。水500mLに対し小さじ2杯を混ぜてスプレーボトルに入れ、「重曹スプレー」にすると使いやすくなります。重曹スプレーを鏡に吹き付け、しばらく経ってから拭き取ると汚れが落ちます。

洗面台やお風呂の鏡に付きやすい水垢は、アルカリ性の汚れです。掃除をするときはアルカリ性の汚れを緩ませる、酸性の洗剤やクエン酸、酢、レモンなどの酸性アイテムがおすすめです。一般的な家庭用洗剤は中性で作られているものが多いので水垢汚れが落ちにくく、ついつい力を入れてこすってしまいます。強い力でゴシゴシこすると、鏡に傷が入ってしまうので注意しましょう。酸性の洗剤やクエン酸などの酸性のアイテムは酸の力で汚れを緩ませるので、力が必要ありません。

家庭での掃除には、においがなく安価で使いやすいクエン酸がおすすめです。水200mLに対し小さじ1杯を混ぜてスプレーボトルに入れ、「クエン酸スプレー」にすると使いやすくなります。クエン酸スプレーを水垢に吹き付け、しばらく経ってから拭き取ると汚れが落ちます。

原因別の掃除方法をご紹介しましたが、鏡の設置場所別の掃除のポイントとコツをご紹介します。

姿見はホコリ汚れがメインなので、水拭きで拭いた後に乾拭きで仕上げます。姿見は面積が広いので力を入れて雑に拭いてしまいがちですが、拭き跡が目立ちやすくなります。拭き跡を目立たせないためには、一方向に拭くのがコツです。乾拭きのときに上から下、右から左など、繰り返し一方向に拭いて仕上げるときれいに磨けます。

水拭きと乾拭きでほとんどの汚れは落ちますが、皮脂汚れや油汚れがあるときは重曹を使います。油汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹を使うときれいに取れます。重曹スプレーを使って汚れに吹きかけてやさしくこすり、乾拭きで仕上げましょう。

洗面台の鏡は、歯磨きやうがいのときに飛んだ水や衣類やタオルのホコリなどが付きやすい場所です。毎日の掃除は水拭き後の乾拭き仕上げで良いでしょう。しかし、汚れが目立つときはアルカリ性の水垢汚れに効果がある酸性のクエン酸スプレーがおすすめです。

クエン酸スプレーを鏡に吹き付けて15分程度置いて水拭きし、やわらかい布で乾拭きして仕上げます。鏡の縁に入り込んだ汚れは歯ブラシを使ってかき出すときれいになります。

鏡に付いた水垢は時間が経つと落としにくくなります。頑固な水垢にはクエン酸パックがおすすめです。クエン酸スプレーを吹き付け、キッチンペーパーやラップで覆って乾燥を防ぎます。半日ほど時間を置いて、やわらかい布で水拭きします。最後に乾拭きをして仕上げれば、水垢が取れてピカピカになります。

鏡を掃除するときに気をつけたい3つの注意点をご紹介します。

鏡に汚れがあるからといって、ゴシゴシこすったり研磨剤入りのクレンザーなどで磨いたりすると傷が入る恐れがあります。汚れの性質を知り、酸性汚れならアルカリ性のアイテムで、アルカリ性汚れなら酸性のアイテムで中和させて汚れを浮かせると、力を入れなくても汚れが落ちやすくなります。

一般的な家庭用洗剤は中性のものが多いので、鏡に付いた汚れが落ちにくく、力が入りがちになってしまいます。鏡は傷が付きやすいものと認識しながら、やさしくお手入れしましょう。

肌が弱い人は重曹やクエン酸に反応し、肌荒れを起こすことがあります。鏡掃除で重曹やクエン酸を使うときは、ゴム手袋を使用しましょう。

鏡を掃除するときはクエン酸などの酸性アイテムを利用することがあります。クエン酸、酢、レモンなどの酸性アイテムや酸性の洗剤は、塩素系の洗剤や漂白剤と混ぜると有毒ガスを発生させます。塩素系の洗剤や漂白剤を使って掃除をしているときに、同じ場所でクエン酸などの酸性アイテムを使って鏡掃除を始めると、うっかり混ざってしまうことがあるので注意しましょう。塩素系のアイテムを使うときは、ほかの洗剤やアイテムを使わず単体で利用することをおすすめします。

鏡のふちに黒いシミ汚れが付いてしまうことがあります。これは専門用語で「シケ」と呼ばれるもので、鏡の構造上の問題です。鏡は反射膜として銀メッキ膜が使用されています。銀メッキ膜の「銀」の成分が、空気中の水分や化学物質と反応して、酸化したり腐食したりします。鏡に付いた水分も原因になるので、洗面台やお風呂などの湿気の多い場所に設置している鏡は、使用後に乾拭きする習慣を付けるとシケができにくくなります。日常的に鏡の手入れを行うことによってシケの発生を遅らせることが可能といえますが、鏡の耐用年数は約15年といわれています。鏡にシケが現れたときは鏡の寿命と考え、新しいものに取り替えましょう。

鏡は熱伝導率の低いガラスでできているので、周囲より温度が低くなりがちです。周りの湿った空気が鏡で冷やされて、水滴が付きやすくなり曇ってしまいます。しかし、水滴による曇りは一時的なものです。一時的なものではなく、慢性的な曇りや汚れを防止する方法をご紹介します。

洗面台やお風呂の鏡などの慢性的な曇りは、水垢や石鹸カスなどの汚れが原因です。鏡の汚れをきれいに落とせば、鏡の曇りも気にならなくなります。鏡に水垢を付けにくくするには、石鹸カスの原因になる石鹸やシャンプーの汚れをシャワーなどでよく洗い流します。次に、水垢の原因となる水分を拭き取ります。鏡の水分は、水切りワイパー(スクイージー)や顔や身体を拭いた後のタオルで使用後に取り除く習慣を付けましょう。鏡の水分に日ごろから注意しているだけで、水垢の付きやすさが変わってきます。

姿見や部屋に設置している鏡にはホコリが付きやすくなります。ホコリを付きにくくするためには、洗濯用の柔軟剤がおすすめです。バケツ1杯程度の水に数滴の柔軟剤を入れてよく混ぜます。柔軟剤を入れた水に雑巾やタオルを浸して固く絞り、鏡を拭きます。柔軟剤に含まれる静電気防止成分のおかげで、鏡にホコリが付きにくくなります。

曇り止め効果のある市販のスプレーやシートがあります。曇り止め効果のあるグッズは、鏡の表面をコーティングして、汚れの原因となる水や汚れを付きにくくします。掃除の手間を減らせるので、頻繁に掃除をするのが面倒なときや、ひどい汚れに悩まされたくないときにおすすめです。

Reration 関連記事