2017.10.15 重曹でお風呂掃除がはかどる!重曹を活用した掃除方法を徹底紹介

毎日使用するお風呂は、知らぬ間に汚れがたまっていきます。汚れをためたままにしておくと、ぬるぬるしたり臭くなったりして大掛かりな掃除が必要になるので、きれいにするのも一苦労です。汚れがひどくならないうちに、日頃から簡単な掃除をしておくと汚れは楽に落ちます。キッチンやリビングの掃除に大活躍の重曹は、お風呂掃除にも使えるアイテムです。そこで、重曹を使った簡単な掃除方法やほかのアイテムと組み合わせた活用方法をご紹介します。

お風呂の汚れといっても、頭や身体を洗ったときに出る皮脂汚れをはじめ、水垢や石けんカス、カビなどさまざまな種類があります。それぞれの汚れには、酸性やアルカリ性などの性質があるので、性質に合った方法で掃除しないと効果は発揮されません。お風呂掃除の主な汚れの種類と汚れに合った掃除アイテムをチェックしてみましょう。

皮脂汚れは酸性の汚れです。酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤や重曹が効果的です。重曹はもともと人体にある物質で「炭酸水素ナトリウム」や「ベーキングパウダー」とも呼ばれ、料理や入浴剤にも活用されています。安くて安全性も高く、重曹自体では泡立たないので洗い流すのにたくさんの水を必要としません。広い範囲のお風呂掃除におすすめのアイテムです。

水垢や石けんカスはアルカリ性の汚れです。水垢は蛇口や鏡に付きやすく、放っておくと白っぽい汚れになります。原因は水道水に含まれるカルキやカルシウムですが、酸に溶ける性質があります。石けんカスは石けんや皮脂の汚れに反応した水道水のミネラルが原因です。アルカリ性の汚れには酸性の洗剤やクエン酸などがおすすめです。

カビは湿度と温度が高い場所に発生します。できてしまったカビはゴシゴシこすると、より深く浸透してしまうことがあります。カビを見つけたらこすらずカビ取り専用洗剤や漂白剤で落としましょう。

お風呂掃除に限らず、汚れは上から下に落ちるのでお風呂掃除も天井から掃除を開始します。家庭によってパーツの位置は異なりますが、天井、壁・鏡・お風呂のドアなどの側面、シャワーヘッドや蛇口、浴槽、排水溝など上から下をイメージしながら掃除を行うと良いでしょう。

広い面の天井・壁・床などは、掃除する範囲が広くて面倒。しかし、重曹を使えば、塗って放置してこするだけで汚れが落ちます。効率的な重曹の使い方と掃除方法をチェックしてみましょう。

重曹は細かな粉末状なので、天井・壁・床などの広い面を掃除するときは、付着しやすいようにペースト状にしましょう。ペースト状にすることによって、液だれしにくく、重曹を効率良く伸ばせます。ペースト状にするには重曹3に対して水を1加えます。天井や壁に塗ってもぽたぽた垂れない程度の硬さにするのがコツです。塗る場所によって水を調整して硬さを調整するのも良いでしょう。

重曹ペーストをスポンジに取り、汚れを落としたい部分に塗りましょう。少し多めにつけると汚れに密着します。汚れに重曹ペーストを塗ったら、汚れを落ちやすくするために20~30分程度放置するのがポイントです。時間が経ったら、スポンジで軽く磨くと汚れが落ちます。重曹は粒子がとても細かいので、研磨効果が期待できます。しかし、強くこすりすぎると傷を付けてしまうこともあるので注意が必要です。また、ゴムパッキンなどのやわらかい素材は傷が入りやすいので、重曹の使用は避けたほうが良いでしょう。

重曹ペーストで軽くこすった後は、シャワーで洗い流します。重曹ペーストは洗剤と違って泡立ちません。落ちたかどうかわかりにくいときは、シャワーで洗い流した後に手で触ってみましょう。重曹のざらざらとした感じがなくなっていれば、すすげています。洗剤よりすすぎに水を使わないので、経済的です。

お風呂でリラックスした後に掃除するのは面倒です。しかし、重曹を使えば、面倒な手間は要りません。また、お風呂の細々としたアイテムも一緒に掃除できます。この掃除方法は簡単なので、お風呂掃除をするためにお風呂の順番を最後にしたり、家族が入り終わるまで待ったりしなくても良いのがポイントです。家族の誰でもできる方法なので、最後の人が行うと決めておくと楽になります。重曹を使った簡単で手間要らずの掃除方法をチェックしてみましょう。

浴槽の残り湯を活用して掃除をします。お湯が冷めないうちに、カップ1杯程度の重曹を残り湯に入れ、かき混ぜて重曹を溶かします。重曹が完全に溶けたら、お風呂のふた、洗面器、手おけ、お風呂用の椅子、子どものお風呂用おもちゃなどの小物も一緒に入れるのがポイントです。重曹がすべてに行きわたるように、浸したりかき混ぜたりしてつけおきましょう。

残り湯に重曹を溶かして小物を入れた状態で、一晩つけおきします。つけおきすることで、重曹が浴槽や小物についた汚れを溶かします。翌日は水を捨てて、軽くシャワーで流してすすぎましょう。汚れが残っていたり、目立ったりするものは、スポンジで軽くこすると汚れが落ちます。重曹を溶かした状態でつけおきするので、浴槽や小物に傷を付けることなく掃除が終わるのが魅力です。

浴室のあらゆる汚れが一堂に集まりやすいのが排水溝です。酸性の汚れもアルカリ性の汚れも混ざっているので、重曹とクエン酸を合わせたお掃除がおすすめです。重曹とクエン酸を混ぜると、二酸化炭素が発生して泡立ちます。発泡することで、汚れを浮き上がらせる効果があります。排水溝におすすめの重曹とクエン酸の合わせ方と掃除の手順をチェックしましょう。

排水溝の受け皿にたまったゴミや髪の毛を取り除きます。排水溝のふた、受け皿(ヘアキャッチャー)、排水トラップ(筒状のパーツ)など、取り外せるものは全て取り外しておきましょう。

排水溝、取り外したパーツを覆うように重曹を振りかけます。重曹が汚れにしみ込むように15分程度放置すると効果的です。

振りかけた重曹の約半分の量のクエン酸を重曹の上に振りかけます。ぬるま湯をコップ1杯程度全体にかけると、もこもこと発泡し始めます。汚れを浮き上がらせるため、発泡してから5分程度放置しましょう。

重曹とクエン酸を発泡させると汚れが浮き上がってくるので、時間が経ったらシャワーで洗い流します。目立った汚れが残っているときは、スポンジや歯ブラシで軽くこすると汚れが落ちます。こびりついていた汚れもスルッと落ちるので、強くこする手間がかかりません。パーツをそれぞれ乾燥させた後、元のとおりに戻せば掃除は完了です。

お風呂で目にする黒い点々のようなものは、ほとんどの場合カビといって良いでしょう。カビは強くこすると広がったり、素材にできた傷に入り込んだりして悪化します。カビに効果的な漂白剤を使って、力をかけずに落とすことが大切です。漂白剤には「塩素系」と「酸素系」の2種類があります。漂白力が強く液状の「塩素系漂白剤」と、塩素系に比べると成分が穏やかな粉状の「酸素系漂白剤」です。根深い頑固な汚れには塩素系漂白剤をおすすめしますが、でき始めのカビやひどくないカビは酸素系漂白剤で十分です。
酸素系漂白剤は水で溶くと垂れやすくなります。そこで登場するのが重曹です。酸素系漂白剤と重曹を混ぜることでペースト状になり、カビに密着しやすくなります。また、両方ともアルカリ性なので、より強いアルカリ性になり洗浄効果がアップします。塩素系漂白剤や合成界面活性剤には使えない合わせ技なので、成分が過炭酸ナトリウム100%の「酸素系漂白剤」を必ず選びましょう。

重曹2、酸素系漂白剤2、40℃程度のぬるま湯1の割合でカビ取りペーストを作ります。よくなじませるために、材料を混ぜてから10分程度置いておきます。

カビ取りペーストをカビに覆うようにして塗り、4時間以上放置します。長時間置くので、乾燥しないようにラップで覆うのが効果的です。

4時間以上放置したら、ラップを外してカビ取りペーストをお湯で洗い流します。カビ汚れが落ちていないときは、軽く歯ブラシやスポンジでこするのがおすすめです。

お風呂を全体的にきれいにしても、数日経てば再び汚れがたまります。汚れがたまる前に簡単な掃除をしたり、汚れをためない習慣を身に付けたりすることで、掃除の手間を省けます。簡単にできる汚れ防止のコツを3つご紹介します。

お風呂には、シャンプーやリンス、手おけや椅子などのお風呂用品をはじめ、スポンジや掃除用のブラシなど家庭によってさまざまなものがあるでしょう。お風呂の床や棚に物を置くと、汚れがたまりやすくなるだけではなく、カビが発生しやすくなります。お風呂用品や道具はS字フックなどでつるすのがおすすめです。つるす場所がないときは、通気性の良いカゴなどに入れて、お風呂以外の場所に保管し、お風呂に入るときに持ち込むと汚れがたまりません。

入浴後にドアを閉めっぱなしにすると湿気がこもります。窓を開けたり、浴室乾燥を利用したりして換気を心がけましょう。入浴後に全体的に冷水をかけると温度が下がるので、カビ防止に効果的です。

排水溝はゴミや髪の毛がたまりやすい場所です。ゴミがたまった状態で皮脂や石けんが流れ込んでくるので、汚れがとどまってしまいます。ゴミが取り除いてあるだけで、水の流れが良くなって汚れがたまりにくくなります。毎日ゴミや髪の毛を取り除くだけで汚れのたまり方は変わってくるでしょう。さらにゴミを取り除いた後に、シャワーですすいだり、スポンジで軽くこすったりするだけで水垢や皮脂汚れがたまりにくくなります。

Reration 関連記事