2017.10.12 洗面台の水垢の掃除方法!汚れがすっきり落ちる道具を活用しよう

家族が毎日使う洗面台は、掃除をしてもすぐに汚れがたまってしまいます。また、気づかぬうちに白っぽい汚れが付いて取れなくなることもあります。白っぽい汚れの正体は水垢です。掃除を頑張っていても、水垢ができてしまうことはよくあることです。では、なぜ掃除をしているのに水垢がたまってしまうのでしょう。今回は、水垢ができる原因をはじめ、さまざまな掃除方法や水垢を寄せつけない防止方法をご紹介します。自分に合った掃除方法を見つけて、水垢のないピカピカの洗面台を目指しましょう。

水垢の原因は、洗面台を使うときに欠かせない水道水が原因です。水道水には、カルシウム、マグネシウム、ケイ素などのミネラルが含まれています。洗面台に付いた水道水が蒸発するときに、水分のミネラルが空気中の酸素や二酸化炭素に反応して白いかたまりを作ります。白いかたまりの正体こそ水垢です。

また、水垢に似た汚れの中に石鹸カスがあります。洗面台で顔を洗ったり手を洗ったりしたときに使う洗顔料やハンドソープが石鹸カスの原因です。石鹸カスは石鹸の溶け残りや、汚れに対して石鹸が足りないときにできる灰色の汚れです。石鹸カスは適量の石鹸をたくさん泡立てて使うことによって発生しにくいという性質があるので、石鹸の使い方次第で汚れを抑えられます。

洗面台に付いた水垢や石鹸カスを落ちやすくするためには、酸性の洗剤がおすすめです。酸性洗剤で汚れが落ちる仕組みと掃除方法についてご紹介します。

日常の汚れは、酸性とアルカリ性の2種類に分けられます。油汚れや皮脂汚れは酸性の汚れで、水垢や石鹸カスはアルカリ性の汚れです。それぞれの汚れの性質と反対の性質の洗剤やアイテムを使うことによって、汚れが中和されます。中和されることによって、汚れが緩んで落ちやすくなります。

水垢や石鹸カスはアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤を使うと汚れが落ちやすくなります。一般的な家庭用洗剤は中性のものが多いので、水垢はなかなか落ちません。中性洗剤を使ってゴシゴシこするよりも、酸性の洗剤を使うほうが力を入れずに楽に汚れを落とせます。トイレ用洗剤などの酸性洗剤は刺激が強すぎて洗面台を傷めるものもあるので、水回り用やお風呂用の酸性洗剤を選びましょう。

・酸性洗剤
・スポンジ
・ゴム手袋

水垢は時間をかけてできた汚れなので、酸性の成分が強いものでない限りすぐには落とせません。しかし、酸性の成分が強いものは洗面台の素材を傷めてしまう恐れがあります。家庭用の酸性洗剤で効率よく落とすためには、洗剤を付けて少し時間を置くことが大切です。汚れが中和されて緩みやすくなります。酸性洗剤を付けて時間を置き、汚れが落ちやすくなったらスポンジでこすり落としましょう。酸性洗剤は手肌を傷めることがあるので、ゴム手袋を着用して掃除することをおすすめします。

クエン酸、酢、レモンは酸性洗剤同様、酸性の性質を持ちます。酢やレモンはにおいが気になり、適量もわかりにくいので、掃除に使うときはクエン酸がおすすめです。

酸素系洗剤同様、クエン酸は酸性なのでアルカリ性の水垢や石鹸カスの汚れを中和して落としやすくします。

・クエン酸小さじ1杯
・水200mL
・スプレーボトル
・ラップ
・ゴム手袋

水にクエン酸を入れてよく溶かし、スプレーボトルに入れて「クエン酸スプレー」を作ります。クエン酸スプレーを洗面台の汚れが気になる部分に吹き付け、ラップを張り付けて2~3分程度時間を置きます。クエン酸がなじみ、汚れが浮いてきたら水拭きして仕上げます。汚れが取れないときは、放置時間を少し長めにすると落ちやすくなります。

洗面台の排水口周りは水垢や石鹸カスだけではなく、皮脂や化粧品などの油汚れが付いています。油汚れは酸性の汚れです。酸性の汚れとアルカリ性の汚れが混在する場所には、重曹とクエン酸を使った掃除がおすすめです。

重曹とクエン酸で水垢や油汚れが取れる仕組み
さまざまなものが流れる排水口は酸性とアルカリ性の汚れが入り交ざっています。油汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹がおすすめです。また、油汚れと同時にアルカリ性の水垢や石鹸カス汚れにも対応できるように、クエン酸も使用します。

・重曹
・クエン酸
・水
・スポンジ

排水口の中と洗面台の排水口周りに重曹を粉のまま覆うようにかけます。次に同量のクエン酸を粉のままかけます。クエン酸をかけた後に水を少しずつかけると、もこもことした泡が発生します。泡はアルカリ性の重曹と酸性のクエン酸が化学反応を起こして二酸化炭素になったものです。発泡することによって、泡が汚れを浮かせて落としやすくします。
泡がもこもこと立った状態で、5~20分程度置きます。最後に水を流せば終了です。もし、汚れが残っていてもスポンジでやさしくこするだけで、汚れがするっと取れます。

メラミンスポンジは、メラミン樹脂という硬い樹脂をミクロン単位で泡状に発泡させて作られています。洗面台の材質によってはメラミンスポンジを使うことも可能です。しかし、洗面台がメラミンよりも柔らかい素材でできていると傷が入ってしまうこともあるので注意しましょう。メラミンスポンジが向く掃除場所は、蛇口や排水口周りのステンレス部分です。ステンレス部分の水垢や石鹸カスがひどいときにはおすすめです。

メラミンスポンジは発泡させて作るので、細かい網状の空洞ができます。メラミンスポンジにできた細かい網目が汚れを削りながらかき出す仕組みになっています。汚れを削りながら落としていくので、洗面台の素材によっては使えないものもあります。洗面台に使うときは説明書を読んで、メラミンスポンジが使用不可になっていないかをチェックしてから使いましょう。説明書がないときは、洗面台の目立たない部分で試してから使うことをおすすめします。

・メラミンスポンジ
・水

メラミンスポンジを使いやすい大きさに切り、たっぷりの水を含ませて水が垂れない程度に軽く絞ります。このとき、ギュッと絞ってしまうとメラミンスポンジが滑りにくくなるので注意しましょう。汚れにメラミンスポンジを当てて軽くこすります。汚れが浮き上がってきたら、水拭きして仕上げます。

洗面所は水垢や石鹸カスが付きやすい場所でありながら、陶器で作られているものも多いので、研磨剤入りクレンザーや一般的な研磨剤入りスポンジでこすると傷が入ってしまいやすい場所です。しかし、陶器などの柔らかい素材に対応した専用の研磨剤入りスポンジが販売されています。陶器の硬さよりも柔らかい素材でできており、傷が入りにくく汚れを削り落とせます。メラミンスポンジを使えない洗面台や洗剤、重曹、クエン酸などで落ちない頑固な汚れには、洗面台の素材に対応した研磨剤入りスポンジがおすすめです。

スポンジに付けられた研磨剤で汚れを削って落とします。

・研磨剤入りスポンジ
・水

ほとんどの商品は水を含ませてから、気になる汚れを軽くこするという手順です。しかし、商品によっては方法や手順が異なることもあるので、商品説明をよく読んでから使いましょう。汚れが落ちたら水で洗い流すか、水拭きで仕上げます。

洗面台の掃除方法にはさまざまなものがありますが、注意点を踏まえて掃除を始めましょう。

水垢は洗面台に付いた水分が蒸発するときに、空気中の酸素や二酸化炭素と結合して作られます。どんなに掃除できれいにしても、水で流したままの状態や水拭きで仕上げたままにしておくと、水分が残って新たな水垢を作ってしまいます。どのような掃除方法や手順で掃除をしても、必ず最後は水分を取ることが大切です。

クエン酸、酢、レモンなどの酸性アイテムを使うときは、塩素系のものと混ざらないように注意することが大切です。酸性のものと塩素系のものを混ぜると有毒ガスが発生して大変危険です。塩素系のものを使うときは、ほかの成分と混ざらないように単体で使うことをおすすめします。

洗面台の説明書を始めにチェックしておき、どのような洗剤が向いているか、どのような道具で掃除するのが良いかを調べておきましょう。素材によっては強い洗剤やpHが強いものが向いていないものもあります。また、メラミンスポンジや研磨剤の使用に向いていないものもあります。説明書がないときは、メーカーに洗面台の品番を伝え、汚れの状況とおすすめの掃除方法を聞くのも良いでしょう。
『pH』:水溶液の性質(酸性・アルカリ性)をあらわす単位です。

洗剤、重曹、クエン酸などは肌が弱い人は反応してしまうことがあります。必ずゴム手袋を着用して掃除を行いましょう。

水垢は汚れが付きやすいのに落ちにくいという性質があります。掃除の回数を減らすためにも、日ごろから水垢を付けないよう心がけておくと掃除が楽になります。

★水分を放置しない
水垢は水分があることで発生しやすくなります。洗面台の手が届く場所に、拭き取り用の雑巾やタオルを準備しておきましょう。家族一人ひとりが洗面台を使うたびに水分を拭うだけで、水垢の発生率はぐんと下がります。使うたびに拭くのが難しいようであれば、寝る前などの洗面所を使わない時間帯の前に水分を取っておく習慣をつけましょう。旅行などで長期的に家を空けるときも、出かける前に水分を拭き取っておくことをおすすめします。

★油汚れを定期的に取る
洗面台は皮脂や化粧品の油汚れが付きやすい場所でもあります。油汚れがあると、水が流れにくくなって引っかかり、水分が表面に留まりやすくなるので、水垢が発生しやすくなります。家庭用洗剤や重曹などを使って、定期的な洗面台掃除を心がけるのがおすすめです。

Relation 関連記事