2017.02.15 オキシクリーン漬けで、ゴシゴシ洗いから解放!|ホームセンター女子のくらしメモ

こんにちは、ホームセンターに勤務する主婦りおです。
最近娘がますます活動的になり、休日に公園をハシゴしていますが、
大人の私はヘトヘトでついていけない場面もしばしば。
誰か、この3歳児を寝かせてくれ―
と、心の中で叫ぶ毎日です。

活動的な3歳児には、汚れまみれのスニーカーはつきもの。

でも、スニーカーを真っ白にするのには、相当な労力と時間がかかる。
「どうせまたすぐ汚れる」と、普段できるだけ目をつぶっているのですが、
さすがにここまでくると履かせて外に出すわけにはいきません。
またゴシゴシ磨くしかないかな。

そういえば、最近やたらと話題の言葉がある。

「オキシクリーン漬け」。

「オキシクリーン」という洗剤を溶かした溶液に、汚れたものを漬けるだけという方法。
どこで見たか思い出せないけど、とにかく簡単らしい。
コストコで大容量サイズが入手できるというけど、カード持ってない…
でも、容量はそれほど多くないものは、うちのお店にもありました!!

40~60度のお湯が良いということなので、お風呂の残り湯を使うことに。
節水にもなる一石二鳥!
お湯の量に合わせて、オキシクリーンを投入して溶かします!

標準使用量は4Lにフタ1杯分ですが、一晩漬ける予定だから、使用量はかなり適当。
バシャバシャして泡が立って来たら投入完了。
娘の靴たちをポイッ!

あとは待つだけ。
せっかくだから、おもちゃや風呂椅子も一緒に漬けることに。

ちなみに風呂椅子は、表は前回キレイにしたものの(記事はコチラ⇒)、
裏はかなりカビてきた模様。

どうなるかな。

翌日靴を取り出し、水で流しながらブラシで表面を軽くこすり、洗濯機で脱水する。

ピッカピカ!!黒ずんでいた隙間もこの通り。

本当に、「漬ける→軽くこする→流す」だけ。自分の手を動かした時間は3分ぐらい。
スニーカーのゴシゴシ地獄から、ようやく解放?!
ありがたき幸せ...

ちなみに、風呂椅子の裏は⇒

こちらも軽くブラシでこすっただけ。
これからは、何でもとにかくオキシクリーン漬けにすればいいのかな?
食器にも茶渋にも使えるとも書いてあるし、今度キッチンのシンクで試してみよう。
(ステンレス以外の金属はダメらしい。)

...アルミ鍋はどうすればいいの?!

以上、くらしメモでした。

酸素の力で強力洗浄&消臭

水洗いできる布物の、汗ジミ、黄ばみ、泥汚れなどの汚れを洗浄・消臭する酸素系漂白剤。
キッチンの油汚れ、茶渋もつけ置きOK。キッチン、お風呂場など様々な場所に使えます。

Reration 関連記事