球根の植え付け

球根を植える時のポイントは、深さと植え付けの向きです。
また時期についても春植え・夏植え・秋植えとあり、管理方法などが異なります。基本をしっかり理解して、美しい花を咲かせましょう。 

球根は貯蔵養分の量が多く、病害虫に侵されていないものを選ぶことが大切です。購入時には次の点をチェックしましょう。
①傷が付いていないか 
②堅くて充実感があるか
③腐れや病斑がないか 
④異常に小さくないか

秋植え球根

品種 深さ・間隔 植え付け時期 花期 ポイントアドバイス
チューリップ 球根の3倍ほど/10~15㎝ 10~12月 3月下旬~5月 花後に花弁が葉の上に散ると葉が腐り、球根の充実を妨げます。葉が黄変したら球根を掘り上げましょう。
ユリ 球根の4~5倍とかなり深めに 10~12月 5~8月 球根の下から出る根は植物を支える役目だけで、養分は茎の土中部分から出る根が吸収するため、深植えが重要なポイントです。
スイセン 球根の約3倍ほど/10~15㎝ 9~10月 12月~翌5月 植え付け場所や用土は排水の良さが絶対条件です。根が深く伸びるので、庭なら深く耕しましょう。2~3年は植えたままで楽しめます。
アネモネ 約5㎝/12㎝ほど 9月下旬~11月 3~5月 9月下旬以降に平らな方を上にして植えます。球根が小さいので密植になりやすいのですが、生育が旺盛なので間隔は広めにとります。
ヒヤシンス 球根の約3倍ほど/15㎝ほど 9~11月 3~4月 砂質土壌を好むので、鉢・プランターともやや砂を多く加えると良いでしょう。花壇でも粘土がかった土であれば、砂を加えます。
ムスカリ 3~5㎝/なるべく密植させます 10~11月 3~5月 3~4年は植えたままでも楽しめますが、葉が早く出て姿が乱れます。花が終わったら花穂を切りとり、茎葉が枯れたら掘り上げて、涼しいところで休眠させます。
フリージア 約5㎝/5~10㎝ 9月下旬~12月中旬 2~5月 球根を育てるためには、早めに花を摘みとり、葉が黄色になったら掘り上げて、日陰で乾燥させ、涼しいところで貯蔵します。

春植え球根

品種 深さ・間隔 植え付け時期 花期 ポイントアドバイス
カラー 約10㎝/15㎝ほど 3月~4月下旬 6月中旬~7月 水辺に植えたもの以外は、通風を良くして乾燥気味に育てますが、盛夏は夕方にたっぷり水をやりましょう。
アマリリス 球根の肩が見えるくらい/20㎝ 3~4月 5~7月、10月 鉢植えは植え付けてすぐに固形肥料を与え、その後も肥料切れしないよう注意しましょう。植え付け後しばらくは水を控え(3週間くらい)、その後はたっぷりと水をやります。
ダリア 5~10㎝/50~60㎝ほど
巨大輪種は1m前後間隔をとります
4~5月 5~10月 芽が地上に出たら、大輪種で1つ、中小輪種で2つほど残して根元からかきとり、その後育成に応じて葉脇から出る芽もかきとって(少しは残す)天花を楽しみましょう。
グラジオラス 5~10㎝/10~15㎝ほど 4~7月 6~10月 日当たりと通風が良く、アヤメ科の植物を植えたことのない場所が最適です。芽が出たら土寄せをしたり、開花前にネットやテープなどで倒れるのを防ぎます。

夏植え球根

品種 深さ・間隔 植え付け時期 花期 ポイントアドバイス
リコリス 7~10㎝/5~13㎝ほど 6~9月 7~9月 水はけと日当たりが良く、保水性に富む場所が最適です。数年間は植えたままにした方が、花立ちが多くて見事です。鉢植えは8月上旬までに植えます。
サフラン 5~10㎝/3~5㎝ほど 4~7月 10月下旬~11月上旬 有機質に富んだ、水はけと日当たりの良い場所に、なるべく大きな球根を植えます。地植えなら3~4年はそのままで。プランターでの密植や水栽培も楽しめます。
コルチカム 20㎝/10㎝ほど 8月~9月下旬 9~10月 やや軽い、排水の良い砂地がかった土質を好みます。植えっぱなしでもよく開花し、肥料も早春に化学肥料を少し施す程度で十分です。

●庭や花壇に植え付ける

深さ30㎝くらいまで土をよく耕し、球根の約3倍の深さに植えます。植え付ける間隔は、球根の直径の3倍が目安ですが、一季だけ花を咲かせるチューリップやクロッカスなどの球根は、より密に咲かせるために球根1個分くらいの間隔にします。
植え付ける球根の向きを揃えましょう。

●鉢やプランターに植え付ける

鉢やプランターに植える場合は、根の生育できるスペースが限られているので、球根の頭が隠れるくらい浅く植え、球根の下に根が伸びる余地を多く残します。
特にアマリリス・シクラメン・球根ベゴニアなどは水はけが良いのを好む性質なので、球根の肩部分が露出するくらいの浅植えにします。

一般には芽が隠れる程度に植え、大型種などは球根の肩部分を少し出して植えます。 

●水やり

秋植えの球根は冬の水やりに注意しましょう。庭植えの場合は必要ありませんが、鉢の場合は、土の表面が乾いたら暖かい日の午前中にたっぷり水をやります。水切れすると、花が咲かないため、1週間に1度は水をあげましょう。

●肥料

良い球根は無肥料でも開花しますが、緩効性肥料を元肥として入れます。すると元気な花を咲かせます。

●置き場所

鉢やプランターの場合は日当たりの良い戸外に置きます。霜にあてたり、凍結させないように軒下やベランダなどを選び、風あたりの強い場所も避けます。 

【深く植え付けるのがポイント】

ユリやフリージアなど、球根の上から根が出たり、新球ができたりする種類は、ほかのものと違って深く植え付けるのがポイントです。鉢植えにする場合は、底の深い鉢を選びましょう。

用意するもの

・ユリの球根2個
・鉢(口径20×深さ25cm)
・培養土
・肥料
・鉢底石
・鉢底ネット

【1】鉢底ネットを敷いて底が隠れるほどの鉢底石を入れ、その上に肥料を混ぜた培養土を球根の倍の深さまで入れます。

【2】球根の上下を確認してから、球根2つを並べて置きます。2つの球根がくっついていても芽は間隔を開けて出てきます。

【3】鉢の九分目まで土を入れ、土が全体に平均して詰まるように、握りこぶしで鉢の周辺を叩いて土を落ち着かせます。ユリは秋植えタイプです。植え付けた球根は、3~4月になると芽が出て、5~6月になると花を咲かせます。

(草丈が高くなるので、あらかじめ支柱を立てておくと良いでしょう。) 

ヒヤシンスの水栽培

用意するもの/水栽培用の球根・専用容器
栽培開始時期/10月末から11月初め

栽培方法/水を球根の底すれすれまで入れ、根が出るまでは、涼しく暗いところへ置きます。根が5㎝ほど伸びたら球根と水の間を約1㎝にし、水を月に2~3回取り替えます。根が容器の底に回るくらい伸びたら、日の当たる窓際に出します。

スイセンやユリの葉にぼんやりとしたまだら模様が現れ、株が萎縮して生育が悪くなります。またチューリップの場合は、花にまだら模様が出ます。モザイク病はウイルスによる伝染病で、発生したら致命的で治す方法はなく、見付け次第引き抜いて処分します。予防法としてはベンレート(粉剤)を入れたビニール袋に球根を入れ、よく振ってまぶします。
※手に付くとニオイがとれないので、手袋をしましょう。

ダリア・チューリップ・ユリ・ヒヤシンスなどに発生する病気で、地際部からやわらかく腐敗し、地上部では黄変して枯れてしまいます。球根も上部から侵され、軟腐してしまいます。発生は高温多湿時が多く、発生した株は薬剤でも治療はできません。対策としては連作をしないことです。また球根は掘り上げた直後に消毒液に浸しておきましょう。

※その年咲かせた球根は、病気や栄養不足になって育たないことが多いので、毎年新しいものを購入することをおすすめします。

このページを印刷

この記事をシェア

Relation 関連記事

20200529121249