結露・断熱便利グッズ 今年の冬は対策グッズで結露・寒さ知らず!
結露・断熱便利グッズ 今年の冬は対策グッズで結露・寒さ知らず!

今年の冬は対策グッズで結露・寒さ知らず!
窓を開けようと、カーテンをめくったら水滴がびっしり。外気温と室内温度の差が大きい冬場に多く発生する「結露」という現象です。みなさんはどう対策されていますか?放っておかないほうがいいこの結露、グッズを使って上手に対策しましょう。
また、使用することで断熱効果があるグッズについてもご紹介いたします。

住まいで気になること、1位は結露の発生

住まいで気になること、1位は結露の発生

出典:世田谷区民の健康づくりに関する調査(2015年9月)世田谷区在住の20歳以上の男女4,000人に実施した意識調査

結露がもたらす弊害3つ

● 家が傷む・もろくなる

木造住宅はもちろん、木材を多く使用した住宅にとって、湿度や結露は大敵。結露のなかには、「内部結露」といって、壁の内側や床下などで発生するものも。気づかないうちに構造材が腐ったり、もろくなったりして家の強度低下につながります。

● 漏電や火災が起こることも

壁際でコンセントを使ったり、インターネット用の通信ケーブルをひいたりしている場合、これらの電子製品やケーブルに結露の水滴がしたたり落ちると、漏電や火災などを引き起こす恐れがあります。

● カビによる健康被害も……

結露で濡れた窓や壁、床、じゅうたんなどを放置すると、カビが発生します。カビは、さまざまな病気の原因になり、健康被害につながることも。また、カビが生えると、そのカビを食べるダニが繁殖し、かゆみやぜんそくなどの原因になりかねません。

出典:ALSOK、「冬のお悩みナンバーワン!ビショビショ”結露”の対処法」、
https://www.alsok.co.jp/person/lifesupport/family/13.html
2018/11 引用)

結露が嫌な理由は「カビの原因になるから」!

結露が嫌だと感じる理由として「カビの原因になる」が2位以下の理由を大きく突き放して1位となりました。

梅雨から夏場の暑くて湿気のある時期にカビが多く繁殖するイメージがありますが、結露の発生する寒い冬もカビに注意が必要な季節と言えそうです。

出典:ケルヒャー、「「結露」アンケート調査」、https://www.kaercher.com/jp/corporate/profile/news/2017-1.html、2018/11 引用)

MENU

77%は結露発生あり、69%がカビ発生!
でも実は・・・結露対策なしが2位!

結露・カビ発生は過半数以上!

出典:ケルヒャー、「「結露」アンケート調査」、https://www.kaercher.com/jp/corporate/profile/news/2017-1.html、2018/11 引用)

しかし!対策を行っていない人が多数!

ぞうきんやタオルでの拭き取りが1位「特に対策をしていない」が2位!

結露に対して行っている対策は、やはり身近なぞうきんやタオルを使った対策が1位となりました。しかし、意外にも「特にしていない」が2位という結果になりました。

「それまで見もしませんでしたが、初夏の頃に初めて窓を開けた時、カーテンがカビだらけでびっくりしました。」(40代・女性)と、対策を怠ったままだと、時間が経ってから驚くことになってしまうかもしれません。

出典:ケルヒャー、「「結露」アンケート調査」、https://www.kaercher.com/jp/corporate/profile/news/2017-1.html、2018/11 引用)

MENU

結露被害・対策に関する専門家の意見は?

結露を減らすにはどうしたらいいの?

● 加湿しすぎない

冬場の美容に乾燥は敵!とばかり、特に女性は加湿を過剰に頑張ってしまうきらいがあるようです。美容のみならずインフルエンザ対策などの意図もあるかも知れませんが、必要以上の加湿は結露を助長し、カビやダニをも発生させてしまうため、別の意味で健康に悪いと言わざるを得ません。普段過ごすお部屋にはもれなく「温度計、湿度計」を設置して、客観的にお部屋の温度や湿度をモニターし、相対湿度で65%以上にまでは加湿しないようにしましょう。

● 1日に1度は換気する

屋外が寒いと躊躇しがちですが、お部屋の空気というのは水蒸気のほか油煙、微細なホコリ(土、砂、排気ガス、カビの胞子、ダニのかけら、繊維クズ、花粉、タバコの煙などなど)などによって想像以上に澱んでいます。二酸化炭素や一酸化炭素による汚染も懸念されます。ですので最低1日に1度は、屋外のフレッシュな空気を家の中に入れるようにしてください。窓を2箇所以上開けて風を通らせるほか、家中にある換気扇を「強」で回しつつ窓を1箇所開けるなど、防犯面にも気をつけましょう。この換気のとき、カーテンを軽く開いておき余計な湿気やホコリを払うようにすると、結露によるカーテンのカビを予防することができます。

上記引用:くらしメイド記事を詳しく読みたい方はこちら ◇結露の防止方法とおすすめ対策グッズ|ズバッと解決!<季節のお悩み相談室>

冬本番になる前に。ぜひ施しておきたい事がら、住まいのメンテナンス

居室、それ以外(水まわりなど含む)を問わず、窓周りは冬場に生じやすい「結露(水)」によって劣化しがちな部分です。この結露水を放置することでカビが発生したり、下方に垂れた水分によってジワジワと窓枠の化粧材のみならず壁内部、床材などまで腐食させられかねないので、くれぐれも軽視しないようにしましょう。

結露発生を予防する意味で、気温が本格的に低くなる前から、窓を開けての自然換気を日常生活の中で習慣化させておきたいところです。もし24時間換気システムがあるならば、くれぐれも寒くなったからといってスイッチオフしないようにしましょう。

上記引用:くらしメイド記事を詳しく読みたい方はこちら ◇「今月のBEST OF THE BEST」~冬に向けて。住まいのメンテナンスと注意点

 
藤原千秋

専門家 藤原千秋

大手住宅メーカー勤務を経て、主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆。現在は企画、広告、商品開発アドバイザーなど多様な業務に携わる。TV「マツコの知らない世界」に1000個の掃除グッズを試した主婦として出演も。著・監修書に『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』など。
くらしメイド
くらしメイド
DCMホールディングスが運営する主婦向けの情報サイト。整理収納アイデアや、時短家事など、普段の生活の中の「知りたい」の答えが見つかるサイトです。
MENU

今年の冬は結露知らず!対策商品

自宅で簡単に結露対策 「DCMブランド 貼ってあったかシート」

窓ガラスに貼るだけで、最大約390mlの結露の水垂れを強力吸水!加えて、冷気をブロックし表面温度を約4℃アップさせる効果もあり。何度でも貼ってはがせるので取替えも簡単。180㎝幅のワイドタイプもあります。

DCMブランド 貼ってあったかシート オフホワイト
DCMブランド
貼ってあったかシート
オフホワイト約29.5×90cm
DCMブランド 貼ってあったかシート イエロー
DCMブランド
貼ってあったかシート
イエロー約29.5×90cm
DCMブランド 貼ってあったかシート ローズ
DCMブランド
貼ってあったかシート
ローズ約29.5×90cm
DCMブランド 貼ってあったかシート グリーン
DCMブランド
貼ってあったかシート
グリーン約29.5×90cm
DCMブランド 貼ってあったかシート ブラウン
DCMブランド
貼ってあったかシート
ブラウン約29.5×90cm

自宅で簡単に結露対策 「吸水シート吸水断熱テープ」

レース調 結露の吸水シート
レース調 結露の吸水シート
特殊レース糸がすばやく結露水を吸水し、すばやく蒸発させます。吸着タイプなので簡単に貼れて簡単にはがせ、何度でも貼り直しができます。
サッシ枠用 吸水断熱テープ
サッシ枠用 吸水断熱テープ
サッシ枠結露水も吸水し、水だれを防ぎます。アルミサッシ枠から伝わる冷気も遮断します。

※ 店舗によって取り扱いのない場合、または売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。
MENU

あったか企画~番外編~

自宅で簡単に断熱対策

窓からの冷気・すきま風対策で寒さ知らず

DCMブランド 窓ガラス断熱シート 水貼タイプ
DCMブランド 窓ガラス断熱シート
水貼タイプ
約90cm×180cm×4mm
厚さ4ミリの空気の層が冷気を遮断し、貼るだけで断熱効果&結露防止に!窓に水をたっぷりスプレーして、上から貼るだけなので、簡単に取付できます。
DCMブランド 窓ガラス断熱シート リーフ柄
DCMブランド 窓ガラス断熱シート
リーフ柄
約90cm×180cm×4mm
全面粘着タイプで、キレイなリーフ柄です。


すきま風ストッパー
すきま風ストッパー
ブラウン ドア用
室内ドアの下に差し込むだけで、ドア下からのすきま風をシャットアウト!冷気の侵入を防いで暖房コストを削減できます。

ニトムズ ドア下部シールテープ
ニトムズ ドア下部シールテープ
足もとの冷えの原因になる、ドア下のすきまからの風を防ぐシールテープ。しなやかでこすれにも強く、冷気・暖気を逃がしません。


※ 店舗によって取り扱いのない場合、または売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。
MENU
Kahma DAIKI Homac Sanwa くろがねや ケーヨーデイツー