2019.11.15 大掃除が楽になる!時短・手軽、とっておきの掃除裏技

ホームセンターがおすすめする、自分流にアレンジ可能な掃除スタイル part 2

日々の暮らしの味方「ホームセンター」だからこそおすすめできる、場所別・ジャンル別の大掃除のコツと裏技を、2回に分けてご紹介していきます。Part 1では、場所別の掃除のポイントをご紹介していますが、本記事はPart 2「掃除裏技」になります。特に難しい「排水口」、気になる「窓」、流行りの「自然派洗剤」や「掃除道具」などについて、本記事で解説していきます。自分にフィットした掃除の仕方を確認していきませんか?

年末の大掃除は賢く、手際よく!場所別掃除のコツを完全解説年末の大掃除は賢く、手際よく!場所別掃除のコツを完全解説
大掃除が楽になる!時短・手軽、とっておきの掃除裏技大掃除が楽になる!時短・手軽、とっておきの掃除裏技 

「排水口」という言葉を口にする時に、あなたが考えているのはどんな排水口ですか?シンク?洗面台?洗濯機?風呂場?浴槽?
排水口の構造・材質が違うし、汚れのタイプも場所によって異なるので、掃除するときに使う道具・洗剤も自然に異なってきます。また、排水口についての悩みは、おそらく「汚れ」のほかに、「つまり」「におい」も上位にランクインされるでしょう。その原因を突き止め、それに合った対策をすれば、スッキリ排水口に戻るのです。
それでは、場所別排水口のチェックポイントを簡単にまとめてみます。

●シンクの排水口
キッチンシンクの排水口には、細かい食カスや油分が固まって溜まっている場合が多い。油汚れも食カスも酸性の汚れなので、重曹・セスキなどアルカリ性の洗剤を使うとよりよく落ちます。掃除した後は、食カスをできるだけ溜めないように排水口にネットなどをセットし、こまめに交換しましょう。

●洗面台・風呂場・浴槽
汚れのタイプとして、髪の毛や人体から洗い流された皮脂汚れ、石鹸ガス、そしてカビがメインになります。髪の毛・石鹸カスはアルカリ性の汚れなので、クエン酸などの酸性系洗剤が効きます。カビは頑固なモノが多く、強力なカビ洗剤がおすすめ。排水管の詰まりは、髪の毛を取り除くことが大事です。

●洗濯機
洗濯機の排水口には、浴室同様に髪の毛・石鹸カスのほかに、衣類から出る糸くずなども混ざって、ドロドロとなって溜まる時があります。そう頻繁に掃除する場所ではありませんが、年に1度ぐらいはきれいにしておきたいものです。

いずれのタイプの排水口も、掃除するときは汚れをブラシできれいに落とし、排水用つまり解消グッズを活用するのがポイントです。排水パイプ洗浄剤を使う場合、ジェルタイプなら粘度や濃度の高いものを、スプレーや泡タイプならできるだけたっぷりと使うようにしましょう。

排水まわりの詰まりとニオイが気になる!

排「水」口に流し込んでいるのが汚くとも「水」である限りは、そう恐れることはありません。問題は、「水」以外のものを流し込んでしまった(しまっている)場合です。
実のところ、「すごい臭い」のような事態の原因というのは、ちょっと違うところにあります。

キッチンの排水口の掃除のコツとキレイに保つ方法

排水口はいつもヌメヌメ、詰まりが原因で流れが悪くなったこともありました。掃除の中でも一番苦手で嫌いな場所でした。
でも、汚れの元を断つことで、きれいを保てるようになったのです。そのコツを3つご紹介します。

窓掃除と聞くと、高いし、面積あるし、細かい溝あるし、なんとなくハードルを高く感じてしまいますが、実はおうちにある物プラスアルファで簡単にできてしまうことも。
面倒な窓掃除を簡単にできる方法をご紹介します。

網戸掃除に近道はあるのか!

網戸って掃除するものなの?とふと網戸を確認したら、やっぱりめちゃくちゃ汚れてます。
「新聞紙+掃除機+重曹水」で掃除してみたら、意外な結果に。
網戸掃除って、そんなに大変なの?

「万能洗剤」「「人と環境にやさしい」とウェブで話題の自然派洗剤。重曹、セスキ、クエン酸、過炭酸ナトリウム、などなど。でも、本当に万能な洗剤はありません。自然派洗剤にも、向き不向きがあります。
重曹、セスキ、過炭酸ナトリウムは、総じていうとアルカリ性の洗剤なので、油汚れ・皮脂汚れなどの酸性の汚れに強い。アルカリ性の強さの順番は、基本「重曹<セスキ<過炭酸ナトリウム」となります。
クエン酸は酸性洗剤なので、水アカ・石鹸カス・カルキなどアルカリ性の汚れに効きます。
使用シーンに応じて、自然派洗剤を使い分けましょう。

万能!セスキスプレーでキッチン周りを強力リセット

キッチン周りの油汚れって落としにくくて嫌ですよね。セスキ炭酸ソーダを上手に使えば、簡単に油汚れが落ちるんです!
油汚れや皮脂汚れに強いセスキ炭酸ソーダを使ったお掃除アイデアをご紹介します!

掃除や脱臭にも使える!重曹の便利な活用術5選

年末が近づくと、雑誌やテレビでよくみかける重曹。すぐ手に入る「手軽さ」や「環境にやさしい成分」が人気で、今やお掃除の定番アイテムですよね。とはいえ、“買ってみたものの使い方がわからない”“棚にしまったまま。場所をとる”というお声をよく耳にします。
そんな方におすすめの活用術を、5つご紹介します。

とある話題の人気ドラマで一気に有名になったお掃除アイテム「軍手ぞうきん」。手軽でとっても便利!
「何それ?」と思う方も、一度試してみると意外とハマるかもしれませんよ♪

お掃除が捗る「軍手ぞうきん」

「軍手ぞうきん」はご存知ですか?これからの年末の大掃除でも、普段の掃除でも大活躍間違いなしのこの「軍手ぞうきん」、あの大ヒットドラマ「逃〇恥」に登場したことで話題になり、主婦の間では少しずつ浸透中とのこと!果たしてお掃除は本当に捗るか、今回検証してみました!

効率よくお掃除するためには、道具選びが重要なのは言うまでもない。でも、せっかく買った掃除道具でも、なかなか使いこなせずお蔵入りに...というケースも良くあります。
自分に合った道具を選び、快適に使って、スムーズに掃除をすすめたいですね。

使いやすい掃除道具の選び方とは?

掃除道具も種類が豊富にあって、選ぶのに迷ってしまいますね。
使ってみて「あれ?使いにくい」「うまくゴミが取れない」なんてことにならないよう、掃除ブロガーのよしママが掃除道具の選ぶポイントを紹介します。

ホームセンターで買える掃除グッズで簡単ホコリ取り!

日々暮らしている家の中って、どうしてこうホコリが多いのでしょうね。こまめにお手入れしなくてはとわかってはいてもなかなか実行できないからこそ、簡単に掃除できるグッズを買ってしまいがち。
ですが、わざわざ専用のグッズを購入しなくても、ホームセンターなどで手に入る身近な道具で簡単にホコリ取り掃除はできるんですよ。
そんな簡単ホコリ取り掃除を可能にしてくれる商品とお掃除方法をまとめてみました!

DCMブランド 詰まりスッキリ お風呂のパイプクリーナー

スクリュー型ワイヤーブラシで5mのロングワイヤーが排水管の奥の奥まで届きます。

本体価格 1,780
(税込価格 1,958円)

DCMブランド 詰まりスッキリ シンクのパイプクリーナー

全長約3mの柔軟性のあるシリコンブラシで、傷をつけずに排水管の奥の奥まで届きます。

本体価格 1,480
(税込価格 1,628円)

DCMブランド 汚れごっそり お風呂のパイプクリーナー 3連ブラシ

3連のハードブラシがしっかり汚れを落とし、飛散防止カバー付きなので引き上げる際も安心。サイズ:全長約70cm

本体価格 898
(税込価格 987円)

DCMブランド 汚れごっそり シンクのパイプクリーナー 5連ブラシ

柔軟性のある5連のソフトブラシで、パイプに傷をつけにくく、しっかりと汚れを落とす。飛散防止カバー付き。サイズ:全長約95cm

本体価格 998
(税込価格 1,097円)

DCMブランド パイプクリーナー 強密着ジェルタイプ

強密着ジェルタイプで粘度が高く、パイプの内部にピタッと密着。少量でも排水口のヌメリや、いや~な臭いを落としてくれる。400g

本体価格 198
(税込価格 217円)

ケルヒャー 窓用クリーナー WV1プラス 1633-012

窓掃除用のバキュームクリーナー。洗浄剤を吹きかけてワイプパッドで伸ばしながら拭いた後、汚れと水分を吸い取るだけ!

本体価格 6,980
(税込価格 7,678円)

DCMブランド ホコリはらい 伸縮自在ポール付き

ワンタッチ着脱で高所のお掃除に便利。網目と静電気でホコリを強力キャッチ。伸縮ポールの長さ:約91-156cm。

本体価格 1,980
(税込価格 2,178円)

DCMブランド ステップ&スツール

あと20cm高くなる!安定性抜群の踏み台で、高所の掃除の補助や玄関の段差対応などに。

小 本体価格 1,280
(税込価格 1,408円)
大 本体価格 1,580
(税込価格 1,738円)

DCMブランド お徳用軍手2本編12双

軽量軍手のお買得12双組パック。2本編。約450g

本体価格 198
(税込価格 217円)

DCMブランド ビニール手袋中厚手 1双入

やわらかくてべたつきにくい。手袋内面に繊維を植毛し、裾部分を厚めに加工することでぬぎはめしやすい。滑り止め加工。

本体価格 198
(税込価格 217円)


年末の大掃除は賢く、手際よく!場所別掃除のコツを完全解説

年末の大掃除は賢く、手際よく!場所別掃除のコツと裏技を完全解説

忙しい人や、共働きのご家庭、小さなお子様のいるご家庭でも簡単にできる、年末大掃除のコツを完全解説。スケジュールの立て方や、掃除の順番、心がけるポイントなど、ホームセンターのDCMがおすすめする、自分流にアレンジ可能な掃除スタイルをご紹介します。

Recommend おすすめ記事