2020.11.02 【全国送料無料】喪中はがきが届いたら~喪中見舞いのご供花を贈りましょう~

喪中はがきが届いたら、年賀状を差し控えつつ、ご家族へのいたわりや故人への想いをお伝えしたいものです。そのようなときは、哀悼の意をあらわす喪中見舞いのお花をお贈りしましょう。各店舗から、【送料無料】で全国へご供花をお届けします。

◎いつごろお贈りすればよいでしょうか?
喪中はがきをいただいてから喪中見舞いのお花を贈る場合は、年末の慌ただしい時期は避け、12月中旬くらいまでにお届けするのがよいでしょう。喪中見舞いのお花とともに、故人を偲びご家族をいたわるメッセージを添えてお贈りしてはいかがでしょう。

◎どんなお花がよいでしょうか?
ご供花というと「白」が思い浮かびますが、お亡くなりになってからある程度の月日が経っている、あるいは故人と近しかった場合であれば、淡いお色が入ったやさしい色合いも、ご家族にも喜ばれます。

サービスカウンターにてお申込みください。

12時までのご注文で最短翌日のお届けが可能です。
詳細については、店舗係員までお気軽にお問い合わせください。

DCMのフラワーギフトカタログをご覧いただけます。※環境によって正しく表示されない場合があります。